Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

Learn Code The Hard Way

Zed Shaw が Learn Code The Hard Way というサイトでプログラミング初学者向けの ebook を公開・販売している。 Learn Python The Hard WayLearn Ruby The Hard Wayepub 版をそれぞれ $2.99 で購入した。 PDF 版も同額で用意されており、セットだと $5.00 にディスカウントされる。

いずれも HTML 版なら無料で読めるので、 Webiblo の習作にレシピを書いてみようかとも思ったが、思い直してレシピを書くのは別の機会にとっておくことにした。無料で、しかもひと手間かければ自分が望むフォーマットで読めるものをわざわざ買おうと思った理由は三つある。

  1. 読者として: 実はこのシリーズを読んでみたいと思った一番の動機は現在執筆中の Learn C The Hard Way (ALPHA) に惹かれたからだった。この本の完成を待ち望むいち読者として貢献できることといったら既刊を買うことだろう、という応援のつもりで購入した。もちろんあの Zed Shaw が書いたのだから内容も一読する価値があるだろうとも踏んでいる。
  2. 消費者として: Kindle の愛用者として、電子書籍にはもっと広く流通して欲しいし、できれば PDF ではなく epub や mobi などの柔軟なフォーマットが普及して欲しい。また、価値があるのは紙の本ではなくコンテンツそのものであるという意思表明の意味も込めて、いいと思ったものにはちゃんと (ほんのわずかであれ) お金を落とす姿勢をとりたかった。
  3. 業界人として: 僕の勤める会社も電子書籍販売プラットフォームを運営している。直接関わってはいないとはいえ、立ち上がったばかりの電子書籍業界を盛り上げていく立場の側に属するものの一人として、たとえ自社プラットフォームが儲からないにせよマーケットでお金が動く輪のなかに居たい、という若干の当事者意識くらいは持ちあわせている。

易しそうな C の入門書に何度も挫折してきた身としては、 Learn C The Hard Way (ALPHA) には期待している。 The Hard Way Is Easier といわれると「今度こそ」という気にさせられる。それに取り組む準備として、先に LPTHW と LRTHW を読んでおきたい。