Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

シニアエンジニアになりました

今年から始まったペパボの新しい人事評価制度で、技術者 (エンジニア) にはシニアエンジニア・アドバンスドシニアエンジニアといういわゆるスペシャリスト枠ができたのですが、最初の評価プロセスが終了したこの四月から、シニアエンジニアとして働いています。

ペパボの技術者向け評価制度については Paperboy's engineer evaluation system - Gosuke Miyashitapaperboy is hiring - Gosuke Miyashita に詳しいので、ご存じない方はぜひご覧ください。

スペシャリスト枠については、毎年恒例の社内プレゼン大会 P-1 グランプリでのアイデア発表があったあと、個別にヒアリングをしていただき、他社も含めてエンジニア職の待遇がどのようになっているかを踏まえて、どういう制度・運用が望ましいか意見を述べたこともありました。自分が評価されたことももちろん嬉しいのですが、それ以上に会社にとって大きな一歩だったと思います。

ペパボは 2011 年度から新卒採用を初めています。 2012 年度の新卒社員にはエンジニア職として採用されたひとが数名います。彼らが今後エンジニアとして実力を伸ばしキャリアを積んでいくときに、基準が明確で具体的な目標となる何かがあったほうが良いと思っていました。この制度が彼らにとってのマイルストーンとなればいいな、と思います。

評価基準については Paperboy's engineer evaluation system - Gosuke Miyashita に詳しいですが、自分への評価コメントにおいては、社内外におけるアウトプットの量を高く評価していただきました。 YAPC Asia 2010 および YAPC Asia 2011地域 Ruby の会における発表と、社外の勉強会に参加した際にメモや感想をレポートとして社内 SNS で共有していたことがプラスにはたらいたのかなと思っています (過去のプレゼンで使用したスライドは slidesharespeakerdeck で公開しています)

一方で、総評で指摘された OSS への貢献が物足りないという点以外にも、アウトプットの質を高める努力や、より専門的な技術を磨くことについてコメントをもらいました。いずれも不十分なところだと自覚があるので、シニアエンジニアの名に恥じないように、今後も努力していきます。

シニア・アドバンスドシニアの制度については、人事部長自らが「ここからがスタート」と言っているように、継続して改善されていくと思います。実際にその評価プロセスを体験した身として、形ばかりのものではなく、ちゃんと運用されて血肉の通ったものになっていると実感しています。

そんなペパボは技術者を募集しています。我こそはという方、ご応募お待ちしています。