Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

最近の個人的な TODO 管理

iPhone の「メモ」を使うようになった。使い方は至ってシンプルに、なんでもメモして、終わったら消すだけ。起動は速いし、タスクのステータス管理とかリマインダーとか複雑なことは何もなくて、文章も好きなだけ書ける。

Mac でも「メモ」または notes.app で Spotlight 検索から起動できる。同期はイマイチで、うまく反映されなかったりダブってしまったりするけど、結局いずれ消すのであまり気にならない。同期できさえすれば十分。最悪 Mac 側で同じ内容をメモしてもよい。

いまはなんでも思いついたらすぐ書いていて、ブログの下書きや試したい技術から家のことやお金のメモ書きなど、ライフタイムの長いのも短いのもある。あんまり長期間放置されてるやつは気が向いたタイミングで消している。緊急性の低いやつはリストが一画面に収まらなくなる前に減らす、みたいな運用。

結局ただの GTD みたいな感じになったような気がする。アーカイブを残そうとするのをやめたら、心理的にもちょっと楽になった。どうせあとで検索しないだろ、と思うようなフローの情報は、欲を出して残そうとしたりせず、潔く消してしまったほうがさっぱりする。

消したらまずそう、と思うものは Evernote なり Google Drive なりにコピーしておけばいい。最近は Google Docs が気にいっていて、 Evernote よりも個々のドキュメントが独立している感じがあるので、一箇所にごちゃごちゃいろんなものがまぜこぜになっていて検索しないと探せない、ということが少ない印象がある。

検索、なぜか Google 製品はちゃんと検索を使いこなせる気になれるけど、 Evernote は全然探せる気がしないし、実際うまく探せていない。うまく言えないが、 Gmail が「一覧」と「検索」をもっともうまく両立できていると思う。 Evernote は「一覧」が見づらすぎる。検索ありきの UI は、 Google 検索のように何を探しているのか知らない場合はよいが、すでに知っているものの中からすばやく選びたいときは面倒くさすぎるのだ。