Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

Ginza.rb で Quipper のシングルページアプリケーション開発について発表しました

ginzarb.doorkeeper.jp

Ginza.rb 第26回 シングルページアプリケーションのためのRailsとJavaScript フレームワーク という勉強会で、 Quipper で JavaScript (CoffeeScript) と Rails によるシングルページアプリケーション開発をどうやっているかについて発表しました。お声がけいただいた @willnet さん、 Ginza.rb のみなさま、ありがとうございました。

発表で使った資料はこちらです。

Backbone, Chaplin, Marionette そして React - Quipper における Single Page Application 開発の変遷


もともと YAPC::Asia の CFP に応募して落選したネタだったのだが、ある意味で自分がこの 2 年間やってきた仕事の集大成ともいえる内容だったので、発表の機会をもらえてよかった。

内容は徐々に煮詰めていったものの、資料は例によって前日徹夜で作る感じになってしまった。過去から学んでいない。

今回は発表と資料作りにあたって、デモに挑戦した。スクリーンキャプチャの動画を video タグで埋め込みプレゼン中に再生しながら話すのと、ウェブアプリケーションをブラウザで開いて Chrome Developer Tools の rendering オプションをオンにして DOM 操作の様子をビジュアライズして見せた。これはうまくいったと思う。過去にいろんなプレゼンを見聞きしたり自分でもやってみたりして、「読む価値がある資料・聴く価値があるプレゼン」について自分なりに目指すところがあり、それに近づけたのではないかと思う。

反省点としては、内容を盛り込みすぎてしまい、当初伝えていたプレゼン時間を大幅に超過してしまった。 15 分を目標に 20 分以内でおさめるつもりが、たっぷり 1 時間は喋ってしまった。スライドの枚数は 30 枚ちょっとしかなかったので油断した。脳内リハーサルが不十分だったし、デモに要する時間の見積もりも甘かった。内容とスライド枚数からの所要時間見積もりがこんなに大きくずれたのは初めてで、自分でもびっくりした。