Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

最近思ったこと

ユニットテストの話題読んだ。

テストを書くか書かないかの判断の話 · GitHub

フロントエンドに秩序を取り戻す方法 // Speaker Deck

仕事でよくコード書くアプリケーションが五個か六個くらいあって、三個は CoffeeScript と Marionette.js でフロントエンドをほぼ全部書いてるシングルページアプリケーションみたいなやつで、二個はフロントエンド部分と JSON API 部分が一個の Rails アプリケーションのリポジトリ内にそれぞれ同居してて、残りの一個はフロントエンドのみで JSON API は別アプリケーションになってる。

シングルページアプリケーションみたいなやつはユニットテストけっこう頑張って書いてて、フロントエンドのみのやつが 2152 passing (54s) 1 pending 1 failing で、 Rails と同居してるやつが 1866 examples, 2 failed, 0 pending と 873 examples, 0 failures, 1 pending だった(失敗してるやつはタイムゾーン絡みでイギリス人の手元だと成功するけど日本人の手元だと日付が変わって一日の半分で落ちる、みたいなやつ)

コードの意味ある行数とかカバレッジとか測ってないけど、体感で C0 70% くらいはいってると思う。ただテスト書くときにいつも迷いがあって、イベントハンドラとして実行される関数に三行実装があるとその一行の副作用ごとに一個ずつテストケース分けて書いたりしてて、詳細すぎる気がする。いちステップごとにテストしていく感じなので、なんか自分がデバッガか何かになってソースコードを一行ずつ検査してるような気持ちになってくる。

ソースコードを一行ずつ検査すること自体はよいと思うけど、人間がそんなローレベルな仕事してはいけないと思う。ハイレベルな表現で記述したらソフトウェアがローレベルな処理に翻訳・展開してソースコードを細かい粒度で検査してくれるべきだと思う。テストフレームワークの語彙とかでうまく吸収して欲しいし、たぶんできるはずなんだけど、なぜか自分(たち)がテスト書いてると職人が丹精込めて手打ちしたローレベルな検査コードです、みたいになってしまってる気がする。

CoffeeScript で書いたものを JavaScript にコンパイルしてさらに圧縮してるからものすごく読みづらいけど、サーバサイドと違ってフロントエンドは基本的に動いてるソフトウェアのソースコード全部読める。本体のソースコードが読み放題なんだからそれのテストコードも読み放題でもいいのではと思う。そうしたらテストコードを社外の識者に自由に読んでもらって、この書き方いけてないですよとか、こういうテストはこういう考え方で書けば記述量少なくても意味ある内容にできるとか、アドバイスもらえる。そういうアドバイスが欲しい。いまの自分(たち)はこういうやり方に慣れすぎてあんまり疑問もなくて、それはいいことではないと思うけど、斬新な考え方とか思いつける気がしない。

就職まではしないけどちょっとソースコード読んだり会社とチームの雰囲気知ったりするのにインターンとかいいと思うけど、あんまりインターンで短期に週二とかで働ける人いないと思う。日本だとだいたい実力あってソースコード読んでみて欲しい人はフルタイムの会社員だったりして、こっちはインターンで来てくれたら嬉しいけど相手にあんまりメリットがない。仕事辞めて次探してる無職のときとかは便利かもしれないけど、普通に働きながらインターンもやるのは厳しいと思う。インターンにすらならなくていいからソースコードだけ読んで気が向いたらコメントしてもらえるようになると、ソースコード読みたい人は楽しみが増えるし、アドバイス欲しい側は助かるので一石二鳥だと思う。

テストの話、 Ruby とかだとユニットテストは書くのが当たり前で、エンドツーエンドテストもだいたい多少は書くものと思われていて、テストの質とか、一歩進んだ内容について議論していると思う。フロントエンドの場合だとそもそもテスト書くのがまだ当たり前じゃなくて、書いたほうがいいとわかってるけど難しくてうまくいかない、みんな知見がたまってないのでそれ以上の議論にならない、みたいなところが多いと思う。十年前のウェブアプリケーションがそういう感じだったので十年後くらいにはフロントエンドでも知見がたまって踏み込んだ内容の議論が出てきて今の悩みも解決しそうだけど、十年も悩みながらテスト書きたくないので困る。