@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

最近読んだもの

Moving On

Parse 使って商用サービスやってるところどのくらいあるんだろう(そして流行ってる・儲かってるところは)

MBaaS のサービス終了は利用者にとって非常に難しい状況だと思う。こういうときの退避先が無いからだ。

しかし Parse が偉いのは、データのマイグレーションツールだけでなく、 Parse API 互換のサーバ実装をオープンソースにして公開したことだ。

Introducing Parse Server and the Database Migration Tool

データのエクスポートだけなら最低どこでもやるが、 Parse のようなサービスの場合、データだけもらってもユーザーはどうしようもない(クライアント=ユーザーのサービスそのものを動かし続けるためには自分で API を書かなくてはならない)そこもちゃんと後始末する姿勢はとてもよいと思う(まぁ過去にもそういう幕引き事例はあった気がするが)

Parse 終了から学べるのは、「どこまで他人任せにしてもよいか」だと思う。

  • API は自分で書くべき。プロプライエタリな API が利用できなくなった場合、逃げ道がない。
  • データベースは(当然)自分で書かなくてよいが、 API 同様プロプライエタリなものは避ける。
  • API やデータベースの運用は任せてよい。自前運用に切り替えるというバックアッププランがある。

つまるところ、「ソフトウェアはサービスを構成する基本的なコンポーネントなので、自分で書くにせよありものを使うにせよ、できる限り自分でコントロールできる選択をしよう」ということだ(その結果、 API は自作しデータベースはオープンソースのものを使う、という結論になることがおそらく非常に多いだろう)