Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

最近

花粉症でだいぶ具合が悪い。アレルギーの薬はずっと飲んでるけど(ずっと飲んでるから?)ろくに効いてない感じだし、本当に気が滅入る。

身体がそんな調子なので毎年この時期(春先から初夏まで)は精神面も具合が悪くなりがちで、すぐに機嫌が悪くなって家族と喧嘩をしてしまうし、外に向かって出て行くようなパワーも湧かない。許されるなら一切の活動を停止して梅雨まで冬眠していたいくらいだし、年に二ヶ月くらい休暇をとれるとしたら花粉の季節に家にこもると思う。というような時期に限って人と喋る仕事が多かったりしてしんどい。

ここ数ヶ月で溜まった疲れが体調不良と相まって、休日はおろか平日の仕事中ですらちょっとコードを見るのが嫌に感じられてしまい、自分が思っているよりもだいぶ疲れているんだな、と思った。コードをあまり視界に入れたくない。みるなら活字か映像か、とにかくコード以外のものにしておきたい。普段は決してそんな風には思わないのに。

特定の個人や集団への発言ではなく一般論だが、新卒で大企業に入社して一年とか二年くらいで「スピード感が〜」とか「仕事の裁量が〜」とか「働き方が〜」とかいって転職しようとしてる若者の話などを聞くと、「なんだそりゃ、ふざけるな若造」と言いたくなる、というかいま言った。

スピード感と仕事の裁量があり働き方もあれこれ細かいことは言われないような数多の中小企業に目もくれずあなたが履歴書を送りまくった大企業の一つに念願かなって入れたばかりなのに、大企業だったらどこでも当然そうだろとしかいいようがないようなデメリットに幻滅して次を探そうというその浅さに呆れ果てる。その程度のリサーチ能力しかない人の問題解決能力なんてたかが知れてるんじゃないの?大企業の看板でずいぶん水増し・上げ底されてるようだけどそれ自覚してる?などなど、言いたいことが山ほどでてくる。

なのでやっぱりおれは新卒採用というシステムに全面的に反対だし、規定のレールの上をちゃんと進んできたようなひとよりも、畑違いのところから飛び込んで自らキャリアを切り開いてきたようなひとを信用する。なるほどたしかに「素養」という点では純粋培養組の圧勝だろう、しかし最後まで立っているのは雑草組のほうだ、覚悟も根性もモノが違うんだよ。それが俺の矜持だ。そうとでも思わなけりゃやってられんよ、そうだろう?