Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

はじめての mruby オープンソース活動

RubyKaigi で(改めて)刺激を受けて、今度こそ mruby を触ってみようと思い、 mruby-cli で YAML を読み書きするプログラムを作ろうとしたら、 mruby-yaml を利用するとコンパイルできなかった。

mruby 本体と mruby-yaml の組み合わせではコンパイルできるので mruby-cli (と mruby-yaml)に問題がありそうだとわかり、いくつかのパターンを試してイシューで報告した。

github.com

すると hone/mruby-cli という、問題を修正した fork があると教えてもらい、そちらを参照したところコンパイルできた。 mgem-list から参照されている mruby-yaml はどうも活発にメンテナンスされてなさそうなので、ダメもとで mgem-list にプルリクエストを送ったところあっさり取り込まれた。

github.com

こうして、 mruby-cli で作ったプロジェクトの build_config.rb で mgem: 'mruby-yaml' と書いても無事にコンパイルが通るようになった。

というのが、はじめて mruby を触ってから二週間ほどで、はじめて mruby 関連のプロジェクトにコントリビュートしたオープンソース活動の顛末。

誰かがどこかで「mruby は未開の荒野(?)なので、パッチ送り放題ですよ」などと言っていたのを思い出す。ホントにそうかも。