@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

2017年上半期エディタ遍歴

2016年12月に RubyMine のライセンス購入一年半ぶり新装版の達人プログラマーに感化されたのが動機だったようだ。本は未だに読み終えていない。

2017年3月ごろに Atom にスイッチ。二年半ぶり。四月頭に使うちょっと大掛かりなバッチ処理のプログラムを書いていて、やっぱりテキストエディタのほうが性に合っているなと思ったのが動機だったと思う。 RubyMine をしばらく使ったことで Emacs の手癖をだいぶ忘れていたので Atom はストレス少なく使えた。

2017年6月半ばに Emacs (Spacemacs) に出戻り。ふと Spacemacs ってどこかで見かけたけどなんだっけ?と思い出して調べてみたらものすごく良さそうだったので試してみたら案の定ものすごく良くて、これこそ俺が欲しかった Emacs だよ、 Emacs is omakase ってやつだよ、と感動したのが動機だったと思う。パッケージシステムの統合とかいろいろ素晴らしいけど、感激したのは which-key で、これで覚えることが相当減って素晴らしく、そして一番素晴らしいのは which-key のような素晴らしく良いものが最初から当たり前に使えるようになっていること、だ(which-key もずっと前から存在は知っていたけど試そうと思わなかったので大きな機会損失をしていた)。ちなみに Spacemacs のスタイルは当然 Emacs なのだが、どうも Vim スタイルが主流派っぽいのは不思議でならない(なんで Vim を使わないんだろう?)。