@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

内語

序盤、冷静で正体不明な悪役が、手の内をさらしていく(呪文を知っている筈だとか真の名とか読めるぞとか)ことで立場的には強くなるが内語(精神的物語構造)的には弱くなって負ける、というつくりである。

おれがここに書いているのはおれの内語で、おれはもうかれこれ二十年くらいヒーリング・ライティングをやってきたことになるのか、と、腑に落ちた感じがした。

秋花粉

もう秋花粉の季節であっておかしくないはずで、症状を訴える声もちらほら見かけるが、不思議なことにおれは全くの無風。楽で助かるけど、いったいどうしたというのか。花粉症が治ってたら最高だけど、そんなうまい話はないだろうな。

 

どうせからカークのようでありたいし、なんなら悪魔艦長になってしまうのもやむなしだが、結局おれはピカードのようなやり方しかできないのだろうな。

 

f:id:a666666:20191031115158p:image

指輪世界復活

「指輪世界」が復活していた。めでたい。うれしい。

ニフティのホームページスペースで運営されていた個人サイトで、ホスティングサービス終了に伴い消滅していた。短期間だけ移転先が存在したが、それもほどなくして消えてしまっていた。

「5人タクティクスオウガ」をはじめ、個人的にとても好きなテキストがたくさんあったので、念のために全て wget でクロールして、 heroku にベーシック認証つき私的ミラーサイトを立て、たまに見返していたが、それも不要になる。

学生の頃、遠足の班決めであぶれる側だった。入れてと言い出せず、誘われもせず、気まずい空気の中で空きスロットを埋めるために仕方なく選ばれていくのは、恥ずかしくて不愉快な体験だった。

友達が少なかったのはおれ自身の問題だからそれはいい。しかしそのせいで、大げさにいえば、尊厳を傷つけられてもいいことにはならないはずだ。

そのような体験を持つ自分が、他人に対して同じような扱いをするわけにはいかない。人を人と思わず、機械的に割り振ることなんて、できるわけがないんだ。