@kyanny's blog

My thoughts, my life. Views/opinions are my own.

Bizmates Program: Level 3 Rank D Lesson 5: Coaching

ミスナンバーワンと。最初「ヘッドセットの設定を直すから少し待ってね」と音声を切り替えてたが、切り替え前の方がマイクの音質が良かった気がする。「こんばんは、久しぶりですね!」本当にね!どうしてましたか?「忙しかったです、だからレッスンもあまり開講できなかったの」YouTube 動画の撮影で?「笑 いえいえ、あれは趣味みたいなもので、楽しんでやってますから!週一ですけどね」それでもいいペースですね、相変わらず楽しく拝見してます。だんだん表情豊かになってきましたよね、Kyota さんみたいに「笑 ええ、push me して頑張ってます。いつも見てくれてありがとう。あなたの方はどんなふうでした?」ええと、大きなニュースがあるんです。十五年住んだ東京を離れて金沢に引っ越したんです!「まあ、だから背景がちょっと違うんですね」ああ、ここは妻の実家で、新居ではないんですけどね。「どうして移住を決意したんですか?」金沢で暮らすことはライフゴールの一つだったんです。妻の生まれ故郷で、妻の母が一人で(猫一匹と一緒に)暮らしていて、自然が多くて良いところで。でも移住は引退後とか将来のことと思ってたんですが、ここ数年で状況が変わったんです。妻が仕事を辞めて、というか僕が「仕事を辞めて猫と一緒に過ごす時間を増やしたら」と望んだんですが、僕も去年フルリモートの仕事について出勤しなくて良くなって、東京で暮らす必要もなくなったので「(マイクミュートでしばらく喋ってた)ごめんなさい言い直すと、あなたはとてもサポーティブなのね!」いやいや、地方で暮らすのは僕にとっても冒険というか、東京と違って高い建物が少なくて空が広くて、そういうのもありますね。などと近況について話し合い、残り時間半分強でレッスンへ。

Lesson 5 の Try から。テンポ良く進行しつつもじっくりと議論を促し深掘りする彼女らしいスタイルで心地よく話せた。途中でイディオムや表現を教えてもらったり。Try の 3 では以前の職場で経験の浅い開発者が自信をなくしてマネージャーとの関係性もギクシャクしていたときに定期 1 on 1 ミーティングをやって、ひたすら励まし続けたときのエピソードを話した。「そのメンティーさんは感謝しているでしょうね」とかいくつか褒められて、最後にレッスン中に言ったフレーズいくつかの訂正をチャットに貼ってもらってレッスン終了。「最後に何か質問は?」と聞かれ、質問はないけど今夜あなたのレッスンを受けられてよかったですと伝えられてよかった。しかし、多分メガネを変えてたっぽいんだけど、それにコメントするタイミングがなかったのがやや心残り。あと今日あった嫌なこと(コーヒーこぼされた、足の指に怪我した)も話すタイミングがなかったが、まあ悪い話はしないで済むならその方がよかった。調べた単語や表現を使う機会は失われたが。

Lesson 5 の Try まで終わり、次は Act から。明日はミスター獣医を予約した。

  • Lacks willingness to help
  • Not approachable
  • Shows frustration
  • Spoon feeding = provide (someone) with so much help or information that they do not need to think for themselves.

  • I was born and raised in the suburbs.

  • Yasu kept encouraging Willy to find the right answer.

今日の日中は散々な日だった。

  • 坂の上の大学病院内にあるタリーズまでコーヒーを買いに行ったらドリップ中。空き席で数分待ち、ようやく来たと思ったら店員がこぼしてテーブルびしょ濡れ、床もびしょ濡れ、靴とジーンズもやや濡れ。火傷しなくてよかった。店員の対応はのろく、数分経って最初に持ってきたのが床を拭くモップ、靴を拭くものをくれと言ってから数分後に持ってきたのがテーブル拭き、それからさらに数分経ってようやく替えのコーヒーを持ってきた。帰り道では手持ちで運んでたら揺れでじわじわこぼれた。
  • 妻の実家の台所の床下収納の扉の角の金具が出っぱっていて、右足の親指をひっかけて怪我をしてしまった。たいした怪我ではないが、出血して少し痛む。
  • 仕事も不調で、調査の進捗も悪いしミーティングの録画は見る価値がなく時間の無駄だった。

その分、夜はいいことがある・あった。

Re: 24: Knowledge cannot be taken away by anyone - Middle Aged Developers #madevs

24: Knowledge cannot be taken away by anyone - Middle Aged Developers | Podcast on Spotify

  • 時間を使い切る話
  • 重要な目標にフォーカスする
    • 「そこからは外れるが大事なこと」それは大事なことではないんじゃないかなあ。少なくとも意思決定者の立場・視点では「フォーカスすべき重要な目標およびそれに関するもの」ではないわけで。
    • 欧米人と働いていると、「重要でないことはやらない」という価値観が通底しているのをひしひしと感じる(まあ少し違うというか拡大解釈されてる肌感もあるが、対応済みの案件はもはや重要ではないからとガン無視される、なんてのが毎日のようにある、その対応がまったく要求を満たしてなかったとしても。しかしこの極端なまでの先へ進める意思みたいなものが高い生産性を担保しているのだとも思う)

Bizmates Program: Level 3 Rank D Lesson 5: Coaching

ミスターサーヴェロと。開口一番「台風は大丈夫かい?君の家族は安全かい?」どうも、大丈夫だよ。今金沢の妻の実家にいるけど、台風は少し北にそれるみたい。ちょうど雨が降り始めたけど、そこまで激しくないし、風も強くないよ。「よかった。ところで世界選手権の TT は観たかい?」いや、観てないんだ。この家では動画視聴できなくてね。君は?「ライブでは観てないけどハイライトとリザルトは観たよ。驚きの結果だった!」結果も見てなかったので Twitter で検索するも探し方が下手でいまいちうまく見つからず。「フィリッポ・ガンナは七位に沈んだよ」えー、それは残念だね。レース前の君の予想は誰だったの?「もちろんガンナさ、僕はイネオスファンだからね。君は?」僕もガンナだよ。いつかガンナに会うことがあったらイタリア語で声をかけられたらいいなと思って三ヶ月前から Duolingo っていうアプリでイタリア語を勉強してるくらいだからね。などと、こちらがキャッチアップできてない自転車トークであまり盛り上げきれず、残り時間半分くらいでレッスンへ。

Lesson 5 の冒頭から。冒頭の質問では「コーチングのアプローチをとるとき、君はどう接する?」励ます、新しい知識やスキルを得るのは時間がかかるのが普通のことだから辛抱するようにという、あとは失敗を悲観せず失敗から学ぶことに集中すること、全く同じ失敗を繰り返さないようにすること、一回目より二回目の方がうまくできれば進歩しているのだからいずれ完璧にできるようになる、そういうアドバイスをするのが自分のスタイルかな、と話した。あと、「trainee が自信をなくしていることにどうやって気づくか?」という質問に、「新人が最初の一ヶ月くらいは元気があって色々質問したり意見を言ったりしてたのに、だんだん静かに・おとなしくなってきたら、自信をなくしているサインかなと思う」と答えた。

ミスターサーヴェロのレッスンスタイルはかなりかっちりと教材の指示通りにやっている様子が伺えて、つまりあんまり教え慣れてないトレーナーなのだと思うが、そういえばディクテーションスタイルは結構控えめになっていた。なんかフィードバックがあったのか、やはり負荷が高くて続かなかったのか。なんにせよこちらにとってはやりやすくなってありがたい。

残り時間わずかだったが Biz Tips まで読み終えて、レッスン終了。後半二度ほど彼の映像がフリーズする→カメラがオフになる→彼がログアウトする→ログインしてくる、という中断があった。彼の方ではこちらの声は聞こえていたようで「君がこう言ったのは聞こえてたよ」というフォローのおかげでレッスン自体はスムーズに継続できたが、MyStage は不調だった気がする。台風の影響でこちらの回線に問題が?とも一瞬思ったが、ここでは光回線を使ってるから関係なさそうだしなあ。

Lesson 5 の Biz Tips まで終わり、次は Try から。明日はまさかのミスナンバーワンの空き枠が夜に一つだけあった!六月下旬依頼なので、約三ヶ月ぶり。ちょうど誰かのキャンセルが出たタイミングだったのだろうなあ。ラッキーだった。

  • who did you support before the race?
  • Duolingo
  • i started to study learning Italian language
  • just in case I met Gana, I would be able to say something to him in Italian
  • What can you do if a trainee is frustrated with a new task?
  • no one can do it perfectly on the first try
  • Did Yasu take a coaching approach with Willy?
  • Hi
  • Ken
  • they become silent
  • they dont participate
  • its a sign that they lost their confidence
  • They are struggling with a slightly complicated task for few days
  • he gave a timely feedback