@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

GitHub のメール通知を見直した

流量の多いリポジトリを Not watching にするだけではさすがに絞りが甘すぎたので、もう一段絞った。

ポリシーを変えたポイントは

  • Pull Request は mention の有無にかかわらず全て通知を受け取っていたが、流量も内容も流し読みするのは無理になったので、見るのを諦めた
    • 浮いた時間を Pull Request を能動的に見にいく時間にあてたい
  • mention されていないイシューコメント等も同様なので、見るのを諦めた
    • その代わり mention されているものを見落とさないようにしたい

カスタマイズしたのは

  • GitHub の Notification settings で以下を変更
    • Watching の Email 通知をオフにした
      • Participating のみ通知を受け取る
    • Email notification preferences の Pull Request pushes 通知をオフにした
  • About notification emails - User Documentation の Cc メールアドレス毎にフィルタを作成
    • mention@ と team_mention@ はアーカイブしない
    • それ以外は既読・アーカイブする

よく考えたら GitHub 側の通知のカスタマイズのみで良かったかもしれない。 Watching の Email 通知が来なくなれば、結構ノイズが減っただろう。

2016-06-29 フィルタはやっぱり大して意味なさそうだったので削除した。

f:id:a666666:20170628010156p:plain f:id:a666666:20170628010209p:plain