@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

Pixel 3a 五日目

リマインダー問題について。満足できるアプリを見つけた。

今日が期限の未完了なリマインダーを通知エリアに出しっぱなしにできる。完了したものは消える。夜遅くが期限のリマインダーがあると一日中通知エリアに出続けるけど、目について欲しいので妥協できる。他にも機能が多く、そのぶんアプリの作りは複雑化してるようでやや不安定だけど、許容レベル。

f:id:a666666:20190523142915j:plain

f:id:a666666:20190523142924j:plain

その他、少しずつ慣れてきた。ColorNoteをインストールしたり、iPhoneのほうでモバイルSuicaを払い戻したり。

Pixel 3a 四日目

今日も「iOSのあの機能みたいなのはないの?」と悪あがき。今日は「カレンダー」の出発時刻の通知。予定の場所と現在位置情報をもとに、「何時何分までに出発すると間に合いますよ」と通知する機能があるのだ。このさりげなくも賢い、「AI」と呼びたくなるような機能をけっこう便利にしていたことに気づいた。

Androidの流儀では、Googleマップで目的地までの経路を検索し、「出発時刻になったら通知する」機能をオンにする、が解のようだが、そうじゃないんだよ自分の操作はなしによしなに知らせて欲しいんだよ。アプリを探せばそういうことをしてくれるやつがあるのかもしれないが、少し検索した感じだと見つけられなかった。

iOSの機能が優れているのは、予定の場所に完全な住所が入力されていなくても勝手に情報を補完してくれるところ。会議の予定に対して、オフィスの住所ではなく会議室の名前しか入力されていなくても、自分が自宅にいるとき通勤時間を加味して余裕のある出発時刻になると通知してくれる。

どうしてそんなことができるのか驚いたけど、場所の情報が不完全な予定の開催時間中に居た位置情報を記録しておいて、定期的な予定の場合や場所に入力された名称が同じ場合に位置情報を使いまわしたりしているのだろう。そういうことをさりげなく、なんの通達もなくやってのけるあたりに、Appleのヒューマンインタフェースデザイン哲学を感じる。仕組みが不明なのはちょっと困るけど。

通知にせよキーボードにせよ、慣れの問題なのは理解しつつも、自分自身を最適化できるか少し自身がない。本当に欲しかったものは「電池が一日持つ小さいiPhone」だったのかも、という気もしてくる。iPhone SEの後継機種がでたら夏以降に機種変更して出戻りしてしまうかもしれない。LINEのトーク履歴を(バックアップはとりつつも)失うことはそんなに恐ろしいことではないとわかったし、機種変更・OS乗り換えの心理的ハードルはずいぶん低くなった。それだけでも良い体験ではあった。Pixelシリーズの売りのカメラをもっと使ったら、それが気に入って定住するかもしれないけど。

Pixel 3a 三日目

リマインダーをどのアプリで管理するか試している。iOSと通知に対するアクションのやり方が違うので戸惑った。

iOS標準のリマインダーで繰り返しタスクとして薬を飲むだとか家賃を振り込むだとかのタスクを登録していた。ロック画面に出てくる通知を3D Touchすると開くコンテキストメニューから完了にできるのを便利に使っていて、同じようなことができるアプリがないか探したけど、単にロック画面で通知を下に引っ張るとTODO管理アプリのリマインド通知はみな完了にしたりスヌーズしたり操作できた。

通知を消してしまってもアプリの中で期限を過ぎたものが目立って欲しかったが、iOSのリマインダーのように指定時刻を過ぎたら即目立つものは試したメジャーかつ無料のアプリの中にはなくて、一日経つと色がついたりして区別できるようになる感じのようだ。Wunderlistが一番よさげだけど、将来サービス終了することが約束されているようなものを今から使うのもどうなんだろう。GoogleカレンダーやGoogleアシスタントのリマインダーも試したけど、自分のユースケースには合わなそうだった。