@kyanny's blog

My thoughts, my life. Views/opinions are my own.

太陽は動かない

藤原竜也の出てる作品はとりあえず観る感じになっている。妻から「日本版のミッションインポッシブルみたいな話らしいよ」と聞いていて、それ以外に一切の事前情報がないまま、ほんとかよと思いながら見始めたら本当にそんな感じだった。エピソードを詰め込みすぎで性急すぎる感はあったが、まあ邦画アクションにしては頑張ってる方なのでは、と思った。しかし藤原竜也はほんと仕事選んだほうがいいのではと思う。選べる立場だろうし。それともあえてやってるのか。あえてでもないのか。

ファーストラヴ

胸糞悪い系の話。タイトルの意味もピンと来なかった。覇気のないオダギリジョーみたいな役者は誰だと思ったら窪塚洋介だった。芳根京子は「チャンネルはそのまま!」で演技上手いと思って名前を覚えていた。他の出演作も観たい。「幕が上がる」はももクロ色が強すぎて見始めて数分で断念したが。「ここさけ」実写版も、アニメ版を観た上でだとうーんという感じだが。

Bizmates 三週目

  • 月曜
    • 休暇で仕事は休みだったが、いろいろあって朝もずいぶん遅くになってから寝たので、寝る前に夕方のレッスンは厳しいかなと思ってキャンセルした。一回休み。このまま途切れないように、夜に火曜のレッスン予約だけは済ませた。
  • 火曜
    • 気を取り直して初めての女性の先生。この人はネット回線が極めて悪かった。MyStage は最初の数分だけしか満足につながらず何度も出入りし直したあげく、こちらが Skype へのスイッチを提案して Skype に移動したら多少安定した。Bizmates での初 Skype レッスンだった。大雨でネットが遅く Wi-Fi が不安定だったらしい。レッスン開始できなかったぶんの時間は補填で延長を申し出てくれたけど、不安定な回線でレッスンしてもたびたび聞き返したりしてスムーズではなかったので延長したところで結果的には嬉しくはなかった。
  • 水曜
    • もう一度気を取り直して初めての男の先生。今回は回線は良好。しかしプロフィール写真と結構違って別人?に見えた。レッスンは丁寧でゆっくりめに喋ってくれる人だった。
    • Changes for the better. なんで転職したの?という話の流れで。
    • old acquaintances どんな人たちが連絡先にいる?→古い友達、みたいな流れ。
    • share common interest
    • The group looks for the responsible pet owners. 猫を二匹飼ってる→どちらも雑種で元野良猫→野良猫の世話をするボランティアグループがあって、飼い主を探してる。彼らから譲る受けた、みたいな話の流れで。
    • give and take relationship
    • based on your line of work
    • expertise - knowledge 技術的な知識や経験を必要とする仕事だが、私はソフトウェア開発者だったのでソフトウェア開発に関する知識や経験を十分持っているため、人々を助けられる、という流れ。
    • Customers' gratitude makes me satisfied in my work. 仕事は好きですか?→顧客の技術的な問題を解決すると感謝してもらえるのが嬉しい、という流れ。
    • Taro has the eagerness and willingness to help Wei.
    • I am also NOT a regular here. 太郎がイベントに毎年参加してない(ので me too と言えない)場合どう言える?への回答。also いらないような気もするが・・。
    • That's interesting. i also want to check that out. 太郎が BT の new web app をまだみてない(ので Yes I saw that と言えない)場合どう言える?への回答。これは上手い返しだ。
    • Any questions? と聞かれたとき、なるべく質問をその場で考えて、多少無理やりにでも質疑応答の会話をするように心がけている。聞きたいことをうまく言えなくてなかなか通じない時もあるが、それこそが本当のビジネス英会話の練習だと思って。ただ教材通りのレッスンをこなすだけでは、時間の無駄とは言わないが、もったいない。
  • 木曜
    • 初めての女の先生。Try/Act パートメインで、ロールプレイが「人間関係を築く」みたいなやつで、ソフトウェア開発ネタでやろうとしたら相手に背景や前提を理解してもらうのがちょっと苦労した。話し方とかはゆっくり普通な感じ。
    • Maybe it's more happy to me. --> Maybe I'll be more happy.
    • They suggest me this position. --> They suggested me this position. --> They offered me this position.
    • expertise [ ek-sper-teez ] 前は言い換えの単語として紹介されたので今回使ってみたら発音がちょっとまずかったみたい。
    • I can give them information about our service and how to use more good our service. --> I can give them information on how to best utilize our services. なるほど utilize か。
    • --> When a company decided to start a project...
    • To make your business more smoothly. --> To make your business work more smoothly.
  • 金曜
    • 先週良かった女の先生、三回目。なかなか予約枠がなかったが、予約が取れたので。相変わらず会話がひと段落した良いタイミングで訂正や言い換えを教えてくれる。開講日を聞こうと思ったが時間切れで聞けなかった。次回からは冒頭の雑談中に聞くか、受講前のメモに書いておく方がいい。
    • 1) Yesterday, I slept all day.
    • lead to = result in (potential partners) 結果につながる、結果をもたらす、という意味か。なんとなくそういう「先に繋がる」みたいなポジティブな意味かなとは思ってた。lead to の意味を確認して result in と言われたが、正直それもピン来てなかったのだけど、ニュアンスは間違わず把握できてたっぽい。
    • 2) If I were Wei, I would feel confidence in Taro.. 仮定法の would か!そして I were も。こういう文法のところだけピンポイントでサプリで復習したいな。
    • Satellite Office / Branch office 支社・支店を branch office だけでなく satellite office とも言える。satellite office の方が小規模なニュアンス。
  • 土曜
    • 土日はレッスンを休むペース配分のつもりだったけど、今後一週間で全く予約枠がない先生が一枠だけ予約できるのを見つけたので予約してみた。初めての女性の先生。この人もなかなか良かった感触。ロールプレイ部分に限らず、割とこちらのいうことに質問を投げかけてくれるので、説明するのに苦労するけどその分訓練になる感じ。
    • / - or --> offices/factories の / は声に出して読むときは and だっけ or だっけ?と聞いて、 or だよ、と。
    • intangible --> cannot be seen /touch 無形の、実体のない、無形資産
      • ソフトウェアを売ってる会社だ、という説明がやや伝わりづらくて、どうにかこうにか説明してたら「ああ、それは intangible ということね?」と。
    • tangible --> things that you can touch or see 有形の、有形資産
      • 自動車とかコップとか、形のあるもの、手で触れられるものは tangible, ソフトウェアやサービスのように手で触れられないものは intangible
    • Since we are still in the middle of the pandemic..
    • Our headquarter is situated in the US なるほど situated 位置する。でも located の方が覚えやすそう言いやすそう
    • Try パート後に質問は?に対して、「この質問は、回答者(生徒)が日本の会社で働いてて日本のオフィスが最大であることを前提にしてるように思うが、自分の場合はそれと状況が逆。なのでこれまでのような説明をしたが、どこか不自然だったりわかりにくい箇所はあったか?どうすればもっと改善できるか?」とたどたどしく聞いたが、 impressed と嬉しい返事。あなたは掘り下げて説明を試みてくれたが、すべての生徒がそうできるわけではない、トレーナーの質問に回答して終わり、というケースもある。あなたはそうではなかった。レベル2ランクAにしては上出来。(そういう積極的な姿勢は)トレーナーも喜ぶ。マイナーな文法の誤りなどはあったが、あくまでマイナー。とのこと。

「人間関係を築く(Making a connection)」のロールプレイ(Act)パートは、日本語でも苦手なことなので、英語でもやはりたどたどしかった。レッスン教材のお手本を見ながらでも、肝心の「相手と連絡先を交換する」にパッと進めず、自分がいかに他者と人間関係を築く意志に薄いのかとつくづく思った。

GitHub CLI は GITHUB_TOKEN という環境変数を読むので変なアクセストークンをセットすると動かなくなる

昨日まで動いてた gh pr list などが、とある端末のとあるタブ内のシェルで動かなくなった(エラーは出ず、空の結果が表示される)。

gh auth refresh を叩くと以下のメッセージが表示された。

The value of the GITHUB_TOKEN environment variable is being used for authentication.
To refresh credentials stored in GitHub CLI, first clear the value from the environment.

このメッセージは https://github.com/cli/cli/blob/496b70ac0eac78ac69c8c6eb582e0f8bc13e9c1e/pkg/cmd/auth/login/login.go#L144-L145 で出力されている。

gh コマンドが GITHUB_TOKEN という環境変数を読むことについては、gh help environmentgh api -h などにも書いてあった。

今回は、別件の動作検証のために、たまたまそのシェルで scope が未選択の(public access のみ可能な)アクセストークンを GITHUB_TOKEN 環境変数で export していて、そのことを忘れていたのが原因だった。unset GITHUB_TOKEN したら無事に動くようになった。