@kyanny's blog

My thoughts, my life. Views/opinions are my own.

ビズメイツのレッスン後の評価とメッセージを溜めがちで、積んでる TODO としてずっと頭の片隅を占有してる感覚があってよくない。チャットの内容をダウンロードして感想ブログにコピペ & Anki に追加も(必要に応じて)していてこれもそこそこ手間だが、それよりもメッセージを書くのがボトルネックになっている。この人はリピートないな、と低評価をつけるのでない限り基本すべてのレッスンを評価してメッセージを書いていて、毎回ユニークな内容を書けるわけではないけどかといってテンプレのコピペでは味気ないし、そもそもなんで毎回メッセージを書いてるかといえば英作文の練習と Grammarly の連続利用記録(週)を絶やさないため、そしてせっかく Premium を継続している Grammarly の添削やトーン検出機能を活用してより良い英文の例から実地で学びたいからで、なのでテンプレのコピペでは意味がない。のだがそうはいっても毎回内容を考えるのは大変で、学校の先生が連絡帳に書くことひねり出すのが大変、みたいな話に似てる気がする。

Bizmates Program: Level 3 Rank B Lesson 8: Selling your idea

ミスナンバーワンと。今日は特に変わりない日だったけど、先週から再開したジム通いが今の所続いてるんです、とか YouTube の動画見ましたよ、note って単語は日本語だと「ノート(ブック)」を指すからいつも混乱するやつなので勉強になりましたとか、いつも通り楽しい雑談から始まった。Kyota も Yumi もとても良い役者で、Kyota は普段は真面目だけど動画の撮影中は good actor になる、と言っていた。この人は雑談がひと段落した後もレッスンに移る前に「他に何か言いたいことはある?」と必ず確認して進めるので丁寧。

Lesson 8 Try 3 からだけど、関連した質問なので Try を最初からやり直した方がいいですよね?と提案して、最初からやり直すことに。昨日と同じ話を細々補足というか例によって必要以上に細かく説明して、自分が問題解決を積極的に担う役割を引き受ける・立候補すれば状況が改善すると思ったし自分の経験は貢献できると思ったが、それは自分のやりたいことではなかったのでジレンマがあった、で結局どうしようかと思ってるうちにチャンスが巡ってきて今の会社に転職した、という話をした。

Try を終えて残り二分弱、これは Act を消化はできないだろうと踏んで「でもその辞めた会社その後いい人を採用できてるみたいだから、問題は解決して良い状態なのかもね」とかその後の話を適当に続けて時間いっぱい、レッスン終了。進捗が少ないレッスンですみませんと言われたけど全く問題なし。例によって新しい表現や言い間違いの訂正もこちらが話終わったキリのいいタイミングで挟んでくれて、やっぱりこの人は飛び抜けて上手いなと思った。

Lesson 8 の Try まで終わり、次は Act から。明日はミスター流暢を予約した。

    1. I'm glad I could get back on track.
    1. I've been working WITH my current company for a year and a half...
    1. These issues are BIGGER and BEYOND my responsibility/capability.
    1. I'm not saying I'm good at project management...

Re: 191回:ゲスト回:おたよりコーナーをやりたい、的な雑談 作成者:プログラム雑談

  • 「このポッドキャストは有野さん一人でやってるから話を振ってくれる人がいた方がいいよ」by morrita
    • 親しい間柄だからこそいえる「間合い」が感じられて面白い掛け合いだった
  • kyanny は「きゃにー」という読みであってます
    • 聞かれてもいない由来を紹介すると、学生時代のバイト仲間が酔っ払って口走った適当なあだ名を無理やりローマ字表記した
    • 旧姓「金子」なので、かねこ→きゃねこ→きゃにー
    • 本当に酔って口走っただけで、あだ名として微塵も定着しなかったし言った本人も忘れてた
  • 「ブログに書かれた感想はお便りではない」
    • そう、なので好き勝手書いています
    • 基本、読まれることを期待して書いてはいない
    • パブリックな場に書くからには、ひょっとしたら目に留まるかも?とはもちろん思っているけど
    • 読んでほしい!あわよくば言及してほしい!…みたいな気持ちは、強くない
  • ネットで仲良くなった人みんなテキストを通じて出会ったから音声メディアに適性がない(ので友達は聴いてない)
    • わかる
  • ラジオリテラシー
    • おれもラジオで育たなかったので、ラジオ作法がいまいちよくわからない。雰囲気で反応している

Bizmates Program: Level 3 Rank B Lesson 8: Selling your idea

初めての女性トレーナーと。この人は一言目から「あ、ちょっと相性悪いっていうか好みのタイプではないな」と感じた。声や態度がそっけなくて、クールなのだが、レッスン自体は慣れていてソツがない感じ。ミスクールも当然初回からクールだったのだが、ある種の覇気というか向かってくる圧があった。前面にエネルギーが突出する感じの印象を受けたというか。この人は全面的にのっぺり平坦、プラスチックの板のような印象で、元気もやる気もあまりなし、という感じ。こちらが喋った内容を聞き取ってチャットに訂正したフルセンテンスを書いてくれるが「書いといたから後でレビューできるわ、でも今読む必要はないわよ」というスタイル。

今日はどんな日でしたか?悪くなかったですよ、あーでも昼に病院へ行く用事があって、なんで?ちょっと書類仕事があって、医者のサイン入りの書類を受け取る必要があったんです、それで一時間半くらい立ちっぱなし歩きっぱなしで、帰宅後に昼食を急いで取って、食後の休憩もほんのわずかですぐ仕事に戻ったので、くたびれました。でも夕食後はちょっと寝てリフレッシュしたので、レッスン後に運動もする予定ですよ。などと話した。

Lesson 8 の冒頭から。レッスンの進め方は普通。See パートを読み終えた後の質疑応答で Biz Tips に書いてある内容を大体カバーしつつ多少プラスして話したら「あなたはもう Biz Tips の内容も既に言及しているわね」Biz Tips を読み終えて、まだ二分くらいあって Try パートへ。ここは前いた会社のとある開発チームで観測したミーティングのあり方やプロジェクトマネジメントの問題(とおれが感じていたこと)を当時の上司にそれとなく進言した時の話をしたが、正直良い結果に結び付かなかったので説明はあまり気が進まないやつで、話してても前提が長くてうーんという感じだった。相手の理解度もピンときてない感じだった。しかしそれより前となるとだいぶ大きな話になってややこしいし、かといって後だとそもそもアイデアを打ったことなんてないので。

Lesson 8 の Try の 3 あたりまで終わり、でも次 Try を最初からやり直してもいいのかもなあ。お題がいいの思いついてないので辛いところなんだけど。明日は夜遅くにミスナンバーワンの空き枠が一つだけあるのを見つけたので速攻で予約した。新しい動画見たよって報告しないと。昨夜は空き枠なかったのでラッキーだ。ミスクールが仕事後のいい時間に開いてるしミスターヒップホップも夜遅くに空いてるのでこれらを取れなかったのはちょっと残念。二人とも明後日以降の空き枠が増えることを期待。

  • Lesson 8: Selling your idea
  • How do you sell your idea and get other people to accept it?
  • I will try to explain the things in detail. I will identify the problem by presentation and explaining the idea but not saying the conclusion first.
  • How well do you handle objections when presenting an idea?
  • Before making a presentation, I spend time and effort to prepare any possible objections and rehearse the answers. If I receive objections during the presentation, I try to answer as much as possible but if I don't have time. I will follow up with them after the presentation.
  • SEE
  • What did Jerry say about selling ideas or solutions?
  • He said : don’t forget that your goal isn’t just to explain your idea, it’s to get approval. In other words, you need to sell your idea. They need to know that there is a real problem to solve. Then explain your idea and implementation plan, and finally explain the benefits of implementing your plan.
  • According to Jerry, how can Tomo deal with objections effectively?
  • According to Jerry, we would thank them for bringing it up. And then show that we really understand their concern. Then, we can address their concern and have data to back it up.
  • TRY
  • When was the last time you presented an idea to your boss?
  • It was about 2 years ago.
  • What was it about?
  • I was a software developer, the team had a weekly meeting to check the progress of the assigned tasks but some of the team members who worked longer than me kept reporting no progress on our work so I thought that was a problem. When I had one on one with my boss, I pointed it out so maybe we can change some process or structure.

Assist Lesson

ミスターサーヴェロと。冒頭は週末どうだった?とか軽く話し、「今日のレッスンのテーマは何だい?」に対して待ってましたとばかりにジロ・デ・イタリアの雑談をしよう、見てるかい?と持ちかけると乗ってきて、延々その話をした。冒頭の「週末の過ごし方」を言ったのに対しては例によって全部書き取って訂正という苦手なスタイルだったが、自転車レースの話は盛り上がった。

レース開始前は誰が勝つと予想してた?(彼は予想が好きっぽい)、今は誰を応援してる?などなど。彼は「正直言って、今回のジロはいまいち乗り切れてないな。ツールと、フィリッポ・ガンナがまた TT チャンピオンを取るかが楽しみだよ」とか、あとは横一線のスプリントならマチュー・ファンデルプールが一番強いだろうけどリードアウトとか技術も含めるとまた話は違ってくるからねとか、リーダージャージを着てるロペス?とあの若手スプリンターのギルマイはびっくりだよな!誰だ!?って思ったよ、ギルマイなんてクライマーみたいな体つきじゃないか!とか、まあ本当に好きなんだなあという感じだった。ただしコアなマニアというほどではない。

週末の過ごし方、の話で、元上司とビデオ会話をしたよ、元上司だったけど今ではすっかり友達みたいな関係なんだ、とかいう話の流れで、なんとミスターサーヴェロはかつて 300 人の部下を持つ部門長だったと知りびっくりした。桁間違ってないか?と思って聞き直した。後でプロフィール見ると「国際銀行のスタッフとしてキャリアを開始し順調に昇格して数百人の部下を持つ部門マネージャにまでなった」と書いてあった。そういえば凄そうな経歴の人だと思いながら読んだ記憶がある。のっけから自転車野郎だったのでそんな前情報吹っ飛んでた。しかし華麗な経歴で大いに自慢できそうなものなのにその話をする彼の顔はどこか悲しげで口調にも元気がなく、口振りからも苦労したことが伺えた。それほど出世したのに辞めて今は自転車狂のかたわらひっそりとオンライン英語講師なんてやってるところを見ると、ミスター早口のようにメンタルを病んだか、仕事に疲れて早期セミリタイアというか半隠居生活をしてるのかもしれない。意外なところで人生の深みに触れるレッスンだった。彼のレッスンスタイルはちょっと合わないので自転車雑談相手という位置づけだが、なんかもうちょっとたくさん話して距離を詰めてみるのもいいかも、と思わせた。なんとなく魅力ある人物ではあるし。

明日は仕事の直後の時間に用事があって夜遅めの時間で探したがちょっといい空き枠がなく、新規開拓を随分探し回ったがピンとこないので「かんたん予約」を使ってみた。日時を指定するとランダムに空きトレーナーを探してくれる、いわゆるガチャ的な機能で、過去に一度これで予約したかどうか、というくらいあんまり使ってないが、今回はこれに賭けてみることにした。当然初めての女性トレーナーで Bizmates Program を予約した。レッスン冒頭からだからスムーズに進むだろう。明日は休みにして水曜に、とも思ったが、そういう時こそ新規開拓チャンスなので。

  • just rest up. saturday night i ahve kind of video call with my ex-boss. after leaving the company we still keep in touch. we have conversation one or 3 4 months. he has been my boss every time i work for that company. more like a friend. we talk various things just random talk maybe trending topic in twitter....im very introvert kind of person so i dont have so many friends.
  • better: I just rested. saturday night i had a video call with my ex-boss. after leaving the company we still kept in touch with each other. we usually have a conversation every 3 or 4 months. he has been my boss since I started working for that company. he is more than a boss; he is like a friend. we talk about various things like trending topic in twitter, pandemic, and others....im an introvert so i dont have many friends.
  • i hope he would win the maglia rosa
  • tour de hongrie