@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

Apple Store オンラインショップで iPhone を「店頭受け取り」で注文したときの「チェックイン」の時間について

Apple Store 丸の内の店員に聞いたところ、注文時に表示されるチェックイン時刻が受け取り可能な最短時間、という理解で間違いない。

店頭予約にせよオンラインショップ予約にせよ、すでに受け取り手続きを予約済みの人がいる場合、その受け取り時間はブロックされて選べない。キャンセルが発生しない限りは、原則として選択肢に出てきたチェックイン時刻以降でしか受け取りできない。

予約なしで店頭で購入のために並ぶ場合は、2019/10/06 16:30時点で話を聞いたところ、2時間から3時間待ちとなり、しかも自分の番が回ってきたタイミングで在庫が無ければ購入できないとのことで、オンラインショップで購入して Apple Store 丸の内で受け取りを選んでもらったほうが確実、という案内だった。

通院日

一年前のギランバレーで入院→レミケード中止からの付き合いになる新しい主治医が半年の出向から戻ってきた初回。あれからもう一年経つんですねなどと話す。

クローン病患者のエンタイビオ利用ケースとしてはおれはかなり早いほうらしく、日本でトップ10に入るくらい早くから利用開始してるのではないか、とのことだった。半年間臨時でお世話になった別の医師からも「ちょうど昨日認可がおりたところだが早速使ってみるか?」と提案されて半月経たずに導入したと思うので、実際早かったのだろう(治験を除く)。

エンタイビオは安定して効いてる様子で、使えて良かったですねと。エンタイビオは15時までに打たないといけないという決まりがあるようで、次回の診察時間を少し調整した。といっても医師の都合の方の話で、おれは有給とってしまえば終日スケジュールを病院に合わせられるので問題ない。会社の仕事上外せない予定が組まれてる日は外せているし。

Pixel 3aを130日使ってみて

Pixel 3aは良い端末。Androidは使いづらい。

Pixel 3aは、小さくて軽くて普段使いにはストレスを感じない程度に軽快に動作する、優秀な端末だ。なんといっても小型軽量なのは近年のiPhoneに比べて明らかに優れている。ソフトウェア的な写真の味付けが俺の好みではないが、カメラの性能も悪くない。LINEのビデオ通話を20分くらいすると発熱しすぎてシャットダウンしてしまうのはマシンスペックの限界の低さゆえかと思うが、端末に対する不満はせいぜいそのくらいしか思いつかない。iPhone 7世代と比べるのはアンフェアだが、急速充電は実に便利だし有機ELディスプレイの省電力も実用的だ。

しかしAndroidはiOSに比べて使いづらい。なんといっても日本語フリック入力がとにかく使いづらい。iPhoneのあの指先に吸い付くようななめらかな入力体験と比べると、この時代になってもなおまだ指と入力を受け付ける部分との間にガラスの板があるかのような距離を感じる。4ヶ月以上毎日使ってきていまだにフリックミスが多発する。数カ月ぶりにiPhoneを使うと断然ミスが少ない。

これだけで十分致命的な欠点なのだが、アプリドロワーもとても使いづらい。iOSの長年の欠点としてアプリをホーム画面の任意の位置に置けない(上から順番に詰めないといけないので画面上部に空白を作れない)というのがあり、この点でAndroidが優れていると思っていたのだが、なまじ自由に配置できる=ホーム画面に配置しなくても良いぶん、アプリドロワーを開く機会が多いが、なぜかわからないがとにかくアプリを探しづらい。こういう何気ないところで、毎日少しずつ不便さを感じるというのは、つまりiOSが毎日当り前に使うような機能なりデザインなりにおいていかに洗練されていて洗練を気づかせないほどのレベルに達していたかということに気付かされる。

総じて、数年前と比べてAndroidはiOSにかなり追いついてきていて、機能のスペックやアプリのラインナップにおいては差がないところまできていると感じる。むしろファーウェイのようなメーカーの端末を選べばハードウェア的にもソフトウェア的にもiOS/iPhoneよりも先進的だ。しかしAndroidがカタログスペックにおいてiPhoneを追い越す努力をしてきた間にiPhoneはカタログスペックには現れないユーザー体験において洗練度を増す努力をしてきて、カタログスペックで差がなくなったぶん差がある部分が際立つようになった、と言えるように思う。

結論、古いiPhoneを下取りにだして新しいiPhone(安いやつ)を買ってiOSに出戻るのが一番幸せになれそう。