@kyanny's blog

Write down what I learnt.

HTML5 Weekly issue 181

HTML5 Weekly Issue 181: March 25, 2015


とても驚いた。


わかりやすくてためになった。 Firefox を常用していなくて DevTools も触る機会が多くないのであとで Chrome と比べてみよう。こういう機会に触っておかないと。


まだ動画見てないがあとでみる、必見の予感(腕のいいデベロッパがデバッグしてるスクリーンキャストなんてただでさえ興味をそそられるのに、キャプションの最後の方を読む限り、 Bugzilla にパッチを登録するとそのパッチ適用済みのビルドが手に入る仕組みがあるのか?いまどきのオープンソースブラウザ開発すごい…)


読むだけしか許可されてなくて残念。

Ruby Weekly issue 238

Ruby Weekly Issue 238: March 19, 2015


ざっと眺めただけ。スレッドセーフなプログラミング、 mutable なデータについていつなにをロックすべきか、という話になるのだと思っているが、それはどうやったら習得可能なナレッジなんだろう?機械的に判断できなそうだからベテランのレビュー頼み、とかなんだろうか(だから原理的に競合しない imutable なデータを使うのが一般的な関数型言語のエッセンスとか、言語レベルでセーフティネットを持っている Rust みたいなのが出てくるのだ、という背景はぼんやりわかる)


Rubygems.org のメンテとか有志のボランティアでスキマ時間にやってたけど組織化するよ、的なアナウンス。 $40/month で個人会員になれる(サポーターとして名前が載る)


ざっと見ただけだが「Date はタイムゾーン情報がないから使うなって話でしょ?」とアタリはつく。アプリケーションのデータのレベルでも困るし、テストも実行マシンのタイムゾーン設定によって通ったり落ちたりしてあまりにひどいので Quipper では一時期 spec_helper.rb で Date.today とかを上書きして raise していたことがある(たいていイギリス人がバグらせて日本人が直す)


これは面白いね、 eh?

README からリンクされてる元ネタになった StackExchange のスレッドも面白い。日本ではローマ字を使うことがあると知ったら質問者はどう思うだろうか。

マナーの悪いIngress

f:id:a666666:20150325142735j:plain

笹塚に創価学会の施設がある。Ingress をやっていて何気なく Hack したポータルがそうだったのだが、ポータル名に悪意を感じた。

特定の新興宗教を邪教と呼ぶのは個人の自由だが、不特定多数の目に触れるある種パブリックな場所にあるものに対して偏った主観に基づくラベルをつけるのは感心しない。自分はさほど熱心なエージェントではないのでゲームにもコミュニティにも強い思い入れはないが、こういうつまらないイタズラで Ingress の評判に傷がついたら残念に思う人も少なくないと思う。

ポータル名の編集をリクエストすることができたので、看板に書いてあった「創価学会 渋谷平和会館」という正式名称に変更要請しておいた。気がついてよかったと思う反面、日本中にこんなのがあるのかと思うと気が滅入る。

DB Weekly issue 52

DB Weekly Issue 52: March 20, 2015


Apache Spark って何するやつだっけ、と思って軽く眺めてぐぐった。ビッグデータっぽいやつは華やかで憧れるけど自分に今必要なのはむしろ Excel の基礎スキルのほうだ。


ビッグデータって感じの説教だった。ちょうど「理論から学ぶデータベース実践入門」を読み始めたところなので、実装を気にせずリレーションに問い合わせできるのがリレーショナルデータベースシステムのいいところなのにディスク上のブロックサイズを意識しろだなんて、と思ったけど、実装の都合を考慮した SQL のチューニングというのはまた別の話だろうから別におかしくないのかもしれない。


図がすごくわかりやすかった。


SQLite はカラム削除がなにやら厄介らしい。知らなかった。

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

Webエンジニアが知っておきたいインフラの基本

インフラのテクニカルな部分(クラウドサービスの運用、インフラ関連ツールの利用法、パフォーマンスチューニング手法など)についての話題はよく見聞きするが、それよりもっと基本っぽい部分の知識がない自覚があったのでそこを埋めたくなって読んだ。

勉強になったトピック

  • 馴染みの薄いインフラ機器についての話題
  • 調達に関する話題
  • キャパシティプランニングに関する話題
    • そもそもキャパシティプランニングの必要性とか、どうやって見積もるのかとかよくわかってなかったので、読んでよかった
  • Cacti のグラフの読み方
    • 細々した注意点以前に、「何が高いとなぜまずいのか」みたいな部分がよくわかってなかったので、これも読んでよかった

とても読み易く、優しさや温かみを感じる文章だった。苦手意識のある分野の話題なのでとっつきやすい本でよかった。全体的にちょっと力が抜けている感じがしたのもプレッシャーを感じなくてよかった。

Kindle 版はブックマークもできず注釈もつけられず、不便だった。ただし紙面のデザインはきれいで図はわかりやすかった。