Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

ConoHa を vagrant up

ConoHaAPIOpenStack らしいので vagrant-openstack-provider が使えた。

gist6ce12317582b130fe4ff

VM 作れるし消せるし vagrant ssh もできるが、エラーが出る(完全互換ではないのだろうか?)

メモ:

  • 事前に ConoHa のユーザー登録が必要。クレジットカードの登録も必要。このページから登録したら1000円の無料枠がついてきた。アフィリエイトリンクもどうぞご利用ください。
  • https://manage.conoha.jp/API/ から API ユーザーを作る必要がある。 API ユーザー名は自動発行され、自分で決められないし、変更もできない。パスワードはあとで変更可能。 API ユーザーは一つしか作れず、一度作ると削除できない。 API ユーザー名とパスワードは Vagrantfile で利用する。
  • 同じく https://manage.conoha.jp/API/ のテナント情報に書いてあるテナント名も Vagrantfile で利用する。 ConoHa API ドキュメントのサンプルコード(curl(1) 版)ではテナント ID のほうを使っているが、 Vagrantfile の os.tenant_name にテナント ID を書いても動かないので注意。
  • image と flavor の ID は vagrant openstack image-list vagrant openstack flavor-list で一覧表示されるので好きなのを選ぶ。
  • floating_ip_pool は何のことかよくわからないし、エラーの原因はこれだと思う。 vagrant-openstack-provider の README に書いてあるサンプルのままにしてあるが、この行をコメントアウトすると動かないし、 vagrant openstack floatingip-list もエラーがでてしまうし、 vagrant openstack network-list の結果は空っぽだった。
  • gncvmi-jenkins-1.6-centos-6.6 イメージから起動したインスタンスの Jenkins サーバは 8080 ポートで動作している。