@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

ニュースがよくわかる日本史 近現代編 (祥伝社黄金文庫)

ニュースがよくわかる日本史 近現代編 (祥伝社黄金文庫)

ニュースがよくわかる日本史 近現代編 (祥伝社黄金文庫)

新幹線のお供に買った。近現代の日本史は受験のときもろくに勉強しなかったので細かい出来事の背景事情などは知らないこともあって、暇つぶしの雑学読書としては悪くなかった。

  • 徳川慶喜が新政府の盟主に内定していた
  • 会津と薩摩の軋轢
  • 革命権
  • ブロック経済(円経済圏)
  • アメリカの占領政策(日本人の戦争責任)
  • ドッジ・ライン(1ドル360円)
  • 中国の首脳部は日本の戦争責任について(ダブルスタンダード)
  • 明治政府は先島諸島(尖閣諸島)を清国へ割譲しようと

宇宙のランデヴー

宇宙のランデヴー

宇宙のランデヴー

何年か前に買って去年あたりに7割方読んでいた続きを読み切った。風景描写がうまくイメージできず、イラストが欲しいと思った。「太陽の簒奪者」はこれに似てるのかな。そういえばあれを読んだからこれを買ったような気もする。

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

君に友だちはいらない

著者は Quipper にも投資していた方で、たぶん一度も会ったことはないけど、ちょうどこの本が出た年に入社したので、表紙や書名のインパクトもあって気になってはいた。つい先日、著者が若くして亡くなったとのニュースを目にし、今更ながら買った。同じようなことを考える人は多いようで、おそらく著者の最も有名な著書であろう「僕は君たちに武器を配りたい」をはじめ、著書は軒並み Amazon で品切れだった。

ハードカバーで思ったよりも分厚く重厚な印象だが、文体や語り口は柔らかくわかりやすくて読みやすい。

ジェットストリーム4&1

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 ボルドー MSXE510005.65

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 ボルドー MSXE510005.65

紙の本に読みながら線を引くために多色ボールペンが欲しくて、近所のコンビニをはしごして一番品揃えが良かった店で買った。千円もした。

フリクション(消せるボールペン)と迷ったけど、ネットで評判を調べたらジェットストリームは書き味に対する評価が高くファンも多いようだった。

フリクションはブランドを認知して指名買いしたことも何度かあるけど、ジェットストリームはブランドとして認知していなくて、もしかしたら買ったことあるのかもしれないけど、ただのボールペンとしか思わなかっただろうから書きやすさなども当然覚えてない。

書いてみると確かに滑りがよく書きやすい気はするけど、別に文字を書くために買ったわけじゃないから、どうでもよかった。むしろやっぱり消せるフリクションのほうがよかったのかもしれない。

ボールペンもけっこうブランドごとにこだわりを持って選んで使ってるひとたちがいるようで、知らない世界だったので意外だったけど、文房具でいえばノートとかもそうなので、カテゴリとしては当たり前な傾向なのかもしれない。

なぜ女はメルカリに、男はヤフオクに惹かれるのか? アマゾンに勝つ! 日本企業のすごいマーケティング

自社サービスについて言及されてるらしいので買ってみた。言及されてる箇所は、まぁ当然だけど知ってる内容だった。マーケティングの本なので、そもそもテーマには全然興味が無くて、他の部分は目次以外読んでない。