Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

Book: ジェフ・ベゾス 果てなき野望

春先に買って読み始めたが、前半は「ベゾスはモーレツ」というエピソードが繰り返されるばかりで退屈だった。おかげで数ヶ月も間が空いてしまった(ちなみにこの本は敬意を表して Kindle 版を買ったがもっぱら Apple の iPhone 5 で読んだ)

中盤の AWS や Kindle の成り立ちに関する話はまぁまぁだった。そもそも Amazon がいかにしてオンライン通販から世界随一のテクノロジー企業になったのか、そのへんの事情を詳しく知りたくてこの本を買ったのだから(ような気がする。が、なにぶん何ヶ月も前のことなので覚えていない)
ただ、本の主題はそこではないのであくまでエピソードのひとつという扱いで、正直なところ物足りなかった。 Steve Yegge のぶっちゃけ話 Steve Yegge の Google とプラットフォームに関するぶっちゃけ話を訳した(前編) - はてな匿名ダイアリー でも読んだ方がよい。

ライバル企業の蹴落とし方、特にザッポスへの仕打ちに関するエピソードはただただ非情で、おそろしかった。ザッポスの奇跡という本を読んだことがあり、その独特だが好感の持てる社風を知っていたので、なおさら Amazon に対しては悪印象を抱いた。

実父とのエピソードとか、ちょっとほろりとさせる内容もあったが、全体としては「ベゾスはひどいやつだ」という感想。読書でも買い物でもクラウドコンピューティングでも、 Amazon ばかり使うのは考えものだな、と思った。

ベゾスがウォルマートを最大のライバルと目しているエピソードがたくさんあり、でも日本で暮らしてるとウォルマートそんなに存在感ないし(西友でたまに買い物するときウォルマートのクレジットカードのパンフレットを見かけて思い出す程度)あまりピンとこなかったけど、「(ウォルマートに肩を並べるためには)食料品とアパレルの取り扱い強化が必須」とあってなるほどたしかにスーパーマーケットってそういうものだったな、と思った。

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者

ジェフ・ベゾス 果てなき野望?アマゾンを創った無敵の奇才経営者