Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

Flynn を試した

社内勉強会で「次期ステージングサーバー環境の候補の一つ」と紹介されてから Chrome のタブを固定したままたっぷり一ヶ月以上は経ってしまった。

Installation – Flynn を見ながら MacBook Pro 上に Vagrant で demo 環境を作り、 Using Flynn の example アプリケーションを Flynn 環境上にデプロイして動作確認するところまで。

  • flynn コマンドをインストールせずに demo 環境を立ち上げてしまって少しはまった。単にドキュメントの読み間違い。
  • cert をダウンロードして Add という手順で非常にはまった。 Chrome の下部にでるダウンロード通知領域から cert ファイルをクリックして KeyChain Access.app を起動すると sudo パスワードのダイアログ上に虹色クルクルが出てどうやっても消せなくなり、 Chrome も kill できなくなる。この謎の不安定挙動で三回再起動するハメになった。 Finder からファイルを開いて追加したら無事うまくいった。都度 make destroy && make init && cert 削除・追加をせねばならず面倒だった。
  • 本当に一番上っ面の部分だけ試す分には heroku っぽいが、土台というか Flynn 本体部分の動作の仕組みを全く理解せず使っているのでちょっと何かうまくいかないと全部最初からやり直しになってしまう。 Linux の使い方を勉強していた十数年前と同じような感じ。これもやはり Docker とかそういうのを覚えないと使いこなせないものなのか、とだいぶ落胆した。コンテナ技術、自分が習得して嬉しくなる未来が描けず、あまり興味も持てないのにただ必要にだけはやたらと迫られて嫌な感じだ。というかそもそも仮想化技術から順を追って習得しないと無理だ。

ともあれ一応試してブログに書いたので、これでようやくタブを一つ閉じられた。