@kyanny's blog

創造性は記憶によるところが大きい - 黒澤明

psvn.el から svn の --username オプションを使う方法

がわからなくて、複数人で一つのワーキングコピーをいじっているときに psvn.el からコミットすると違うユーザー名でコミットしてしまう、という嫌な現象を解決できなかったのだけど、 psvn.el を最新版にしたりそれっぽい変数に値をセットしたりフックを試してみたりと正攻法で頑張るのはもう諦めて $HOME/bin/svn みたいなラッパーをかいたらいけた。

#!/bin/sh
SVN=/usr/local/bin/svn
exec $SVN $@ --no-auth-cache --username username --password "password"

でも svn のパスワードを書かないといけないのがやっぱり嫌な感じ。 `perl -MMIME::Base64=decode_base64 -e 'print decode_base64("")` みたいにあがいてみたけどなんかうまくいかず。 --password オプションをつけないと psvn のバッファと別のバッファでパスワード入力を促されるのだけどそれがフォアグラウンドにならないので結局使いづらい、という。