@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

Emacs Lisp で URI escape/unescape

url-util.el の url-hexify-string と url-unhex-string でできる。

interactive がついてないのと名前が覚えづらいのでちょっとしたときに気軽に使えるかなと思ってラッパー関数を書いた。 Perl の URI::Escape 風の名前にした。 interactive の使い方を少し理解した。文字列を受け取るときは s または M を使う。

(defun uri-escape (uri)
  (interactive "sURI: ")
  (message (url-hexify-string uri)))
(defun uri-unescape (uri)
  (interactive "sURI: ")
  (message (url-unhex-string uri)))