Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

Duolingo, Tinycards, Real英会話

最近の語学の勉強は主にこれらの iPhone アプリを使ってやっている。

Duolingo

スペイン語のコースをやっている。相変わらず、読む・書く・聞く・話す、がバランスよく出題されるのが良い。

忘却曲線に基づいて学習完了度のゲージが減っていき、満タンを心がけると自然に適切なタイミングで復習できる、というアルゴリズムが売りなわけだが、減り具合があんまり激しくないので、少ない勉強時間でも復習と新しい項の学習を並行してやれる。負担が軽く、気軽に続くが、負荷がほとんど無いので、やってて意味あるのか不安になる。

元々ロシア語のコースをやり始めたが、キリル文字が読めない状態で Duolingo をやるのは厳しくて、文字だけなら最初から読めるスペイン語に切り替えた。本当にゼロからのスタートには向かない。新しい単語やフレーズも、唐突に出てきていきなり出題されるので、初見で正解するのは無理で、たぶん何度も繰り返して時間をかけて少しずつ覚える前提で設計されていると思う。

Tinycards

Duolingo がリリースした「暗記カード」アプリ。ロシア語、というかキリル文字の勉強に使っている。これはもう単純極まりない「カードめくり」とクイズの繰り返し。

こちらも忘却曲線に基づいて学習完了度のゲージが減っていくが、減り方が Duolingo に比べて激しいので、復習が忙しい。毎日ガンガン減っていくので、負荷は少し高いが、真面目にやれば学習頻度も高くなるので、そのぶん覚えるのもはやい。

Duolingo のコースの内容をこちらでも学習できて、ちょっと不思議な感じ。これはこれで古き良き語学の勉強法という感じで悪く無いが、読み書きに偏りすぎる。復習ペースがはやすぎて、新規開拓が追いつかないのも良くない。それぞれに合ったコンテンツで学習するのが良さそう。

スペイン語のコースを復習がてらやってみたが、良いところも良くないところもあった。良いところは、単語の意味をそこそこ正確に覚えられるところで、「comes が eats で como が I eat で、単語の末尾の文字と人称に法則性がありそう」のような気づきがある。悪いところは、フレーズ全体のリズム込みで覚えられないところ。スペイン語はアルファベットが読めるし、聞き覚えのある単語もあったりしてカンが効くが、ロシア語は一切そういうことが無いので、 Tinycards で一語ずつ地道に覚えていくほうが向いているかもしれない。

Real英会話

有名な有料アプリ。これも忘却曲線に基づいて復習を促す学習モードがある。これは iPhone の音声入力機能を使ってスピーキングの練習ができるので、そればかりやっている。

フレーズごとに正答率(正しく発音できたら正答)が表示されて、やはりパーセンテージの低いものは自分が喋ってみてもなかなか成功しない。発音が悪いと違う単語に認識されるので、どのように間違えたかわかる。わかるのだが、では何故そのように聞き取られてしまうのか、何故正しく認識されないのか、については何も教えてもらえないので、ひたすら悔しい思いをし続けることになる。

コンテンツが膨大にあり、要復習になる頻度もけっこう高いので、「これ」と決めてやり続ければ、他にお金をかけることなくずっと英語学習が続けられそう。買い切り型なのも財布に優しい。しかも安い。ただ、これだけでは全てをカバーできないだろうし、「これだけでは全てをカバーできなそうで不安」と感じてしまい、ついつい他の学習法や教材に浮気してお金を使ってしまう弱い心はどうしようもない。

単語を覚えるのにも向かないので、気まぐれに mikan という無料アプリを使ったりしている。 iKnow! を元が取れるくらい真面目にやるのが一番良いのだろうけど、今の自分に一番必要なのは「ほどほどの発音で、とにかく喋る」練習なので、単語力の向上はすっぱり諦めることにした。それよりは語彙・言い回しのフレーズのストックを増やして、日常の雑談も含めた英会話力を伸ばすほうにパラメータを全振りしたい。

Real英会話

Real英会話

  • LT Box Co., Ltd.
  • 教育
  • ¥480
英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • 無料