@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

弁護側の証人

何年か前に文庫本を買った記憶があって、最後まで読んだか覚えてなかったのでたぶん途中までましか読んでないのだろうから結末を知るためにも読もうと思って読み始めた。最後まで読み終わって、そういえばどこにミステリー要素があったんだっけ、と思ってトリックの解説をしてるブログだが知恵袋だかを読んだら、トリックを見破った状態で(しかもそれがトリックだとも、自分がすでにトリックを知っていたということも認識せず)読んでいたことに気づいた。要するに、間違いなくかつて最後まで読んだことがある。

弁護側の証人 (集英社文庫)

弁護側の証人 (集英社文庫)