@kyanny's blog

印刷は人間に対し市場を作り出し、国民軍を創設する方法も教えたのであった - マーシャル・マクルーハン「グーデンベルグの銀河系」

「ブラックホーク・ダウン」をみた

ブラックホーク・ダウン コレクターズ・ボックス [DVD]

ブラックホーク・ダウン コレクターズ・ボックス [DVD]

「好きな映画は?」と聞かれたなら、真っ先に名前を挙げるだろうお気に入りの作品、「ブラックホーク・ダウン」をみた。USBスピーカーを買ったら擬似5.1chサラウンドを実現するソフトが同梱されていたので、それを試すために引っ張り出してきた。

この映画のかっこよさは、DVDではチャプター16、基地に引き返したストルッカーの率いる車両隊が装備を整えて再出撃するシーンが全てだ。「ヒロイズム」というやつだろうか。激しい市街戦で何人もの仲間が命を落とした。恐怖に怯んだトーマスという兵士は、ストルッカーに「戻りたくない」とつぶやく。ストルッカーは彼の目を見据えて、こう言う。「誰もがお前と同じように怖い。だが、怖いと思ったときに何をするかが大事だ」この言葉を受けて、トーマスは基地を出発しようとする車両に飛び乗る。

他のシーンで、エヴァーズマンは「英雄になりたいと思うやつなどいない。結果として、そうなるだけだ」とも言う。誰もが超人などではなく、ただの人でしかない。だが、それぞれ何かしらの理由のために、勇気を振り絞って闘う。これがかっこよくないはずがない。勝利を約束されたヒーローが筋書き通りに悪を倒す物語ではもう、酔えない。