@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

ベンチャーの気概とは

最近、軽くランニングをしていて、 RunKeeper という iPhone アプリを使っている。ウェブサイトと連動してデータを見られるのが楽しい。

その RunKeeper の公式ブログに、すごく良い記事が投稿されていた。ベンチャーの気概ってやつを地でいってるような文章で、夢中で読んでしまった。以下に要約した。でも、できれば原文を読んでみて欲しい。そんなに難しくないはずだから。だっておれでもどうにか読めたんだもの。

http://runkeeper.com/blog/the-team/welcome-nike-thanks-for-coming-part-two

  • RunKeeper のアイデアはもともと Nike+ を使ってトレーニングしたときの驚きが発端だった
  • Nike+ は素晴らしいツールだったが、 RunKeeper にはいくつかの利点がある
    • センサー(とナイキのシューズ)を買わなくて良い(RunKeeper は iPhone だけ持ってればいい)
    • GPS を利用しないので地図情報が得られない(RunKeeper は GPS を使う)
    • ランニング以外のスポーツで利用できない(RunKeeper はサイクリングも OK)
  • RunKeeper はそこそこ成功していた
  • 去年 iPhone と iPod Touch に Nike+ が標準搭載された
    • これはアンフェアなやり方だったのか?
    • でも結局彼らは GPS を載せなかった ― シューズを売らなきゃならなかったから
  • みんながナイキを「RunKeeper 殺し」だと言った
    • 結果は? ― ナイキが iPhone を使ったランニングのやり方を盛大に宣伝してくれたおかげで RunKeeper のユーザー数は倍増した
  • ナイキ以外のシューズメーカーも乗り出してきた
    • 結果は? ― RunKeeper のアプリはニューバランスやアディダスのよりも上位にいる
  • ナイキがついに GPS を載せた!これからはナイキの時代?
    • そうでもない ― 理由その一。彼らはブランドで商売してる。僕らは違う。
    • 理由その二。彼らはフィットネス用品を売らなきゃならない。僕らは違う。
    • 理由その三。彼らはでかくてのろまだ。僕らは違う!
  • 僕らの計画とは: (RunKeeper システムの利点についての説明。デバイスを選ばないとか)
  • 僕らは自分たちのやり方が正しいと信じてる ― 独立したシステムが最後に勝つ(シューズやら何やらと抱き合わせたものではなく)
  • 俺たちの戦いはこれからだ!

現実には、ベンチャーを立ち上げてここまでうまくいくのはごくまれなんだろうと思う。それでも、こういう成功譚にはワクワクさせられる。これ読んでファンになったので、 RunKeeper Elite を契約してやろうかな、と思った。