@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

一人行動は気楽でいい、けどひとりぼっちは精神的にきつい、という話について。念のため前置きすると、おれ自身が現在ひとりぼっちで精神的に参っているということは一切ありません。ただそういう気持ちは大いに理解できる、ということについて書く。

おれの過去の経験から、乱暴にまとめると「相手は誰でもいいし話題は何でもいいんだけど、一日にある一定の時間以上は人間を相手に何か会話しないとだんだん精神的に追い詰められてくる」ということなんだと思う。メシとか飲みとかはどうでもいいはずで、しかしそういう理由もなしに毎日会話できる相手なんて家族くらいしかいない。

あと「どのくらいまで会話がない生活に耐えられるか」の閾値には大いに個人差があると思うが、耐性が高いひとほど精神的に参ることが多いのでは、と思う。なぜかというと耐えられるが故に耐えてしまい、耐えることに慣れてしまって限界を超えていることに気づけないから。むしろ自他共に認める寂しがり屋で四六時中誰かと一緒にいないと耐えられない、なんてタイプのひとのほうが無理して耐えないぶん限界を超えて壊れることも少ない気がする。

特に結論とかはないです。