@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

作業場として割り切って使う Evernote

これ書くの何回目か覚えてないけど、 Evernote を作業場と割り切って汚く使うのがおれには合ってるのだと思う。

おれの macOS のデスクトップは汚い。スクリーンショットの保存先をデスクトップにしてるからだが、スクリーンショットが溜まりすぎて気づくと3周くらいしてる。

デスクトップに限らず、フォルダで階層を分けてファイルを整理したりすることがない。一切ない。 Google Drive も同様で、ほとんど全てのファイルがマイドライブ?直下にある。 Dropbox もしかり。

日常生活でも整理整頓は壊滅的に不得意で、片付けができない。ダンボールをたたむ以上の、空間を空ける作業はできない。思考停止に陥るというか、作業手順を考えることができず、指示されないと手が動かない。

そんな自分なのだから Evernote のノートブックの中をきれいに整頓するなんて無理に決まってるし、そんなだからこそ Gmail や Google Keep のアーカイブが最高に便利だと感じるわけで、しかし Evernote に Google 的アーカイブの概念はどうやらなさそうなのだから、インボックス(ファーストビュー)が乱雑なことには目をつぶって、というかそもそもそういうものなのだと考えを改めて付き合っていくのが賢明だろう。

あとで使いそうなノートを全部「お気に入り」にして、他のデータは放っておく、とか、そのくらい雑な使い方でいいのかもしれない。お気に入りの一覧が長大になりそうだけど、気にしない。問題は、そうはいってもツールを上手に使いこなしたいという欲、ツールの使い方に習熟したいという欲をどう抑えるか、だ。

その点で Evernote は工夫の余地がありすぎて良くない。良くないのだが、それなりに構造化されたリッチテキストを書けて画像にいい感じの注釈を入れられてマルチデバイスで同期できて使う気になるツールというのは、探せばいくらかあるんだろうけど、まぁ、いろいろ試すよりは Evernote をどうにかして使い続ける理由を探したい気分なのだ。