@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

bsfilter にしてからスパム退治が快適

bogofilter のインデックス作り直しがうまくいかないのでしびれをきらして bsfilter に乗り換えました。かれこれ二週間ほど使っていますが、快適です。

(setq mew-spam-prog "bsfilter")
(setq mew-spam-prog-args '("-s" "-u"))
(setq mew-ham-prog "bsfilter")
(setq mew-ham-prog-args '("-c" "-u"))

;; 
(setq mew-prog-grep "bsfilter")
(setq mew-prog-grep-opts '("-q" "--list-spam"))

~/.mew.el にはこんなふうにかきました。これで、 ls, lh でスパム/ハム学習、スパムメールの削除には Virtual モードを使っています。 / [RET] で mew-prog-grep と mew-prog-grep-opts の値をあわせたものがデフォルトのコマンドライン候補になるので、もういちど [RET] でスパムメールだけ絞り込み、適当に目視してから全部 +spam フォルダへ移動させます。

bogofilter に比べて、一番気にしていたのは速度ですが、思っていたほど遅くなく、ストレスを感じることなく使えています。さすがに 4000 通のメールから 2500 通のスパムを絞り込むときは二分くらい待たされますが、十分です。何より、工夫をしなくても日本語スパムメールも正しく学習してくれるのと、データベースが壊れないのが楽でいいです。

今日は Spotlight での検索がうまくできないので mew.org を見に行ったら、 6.1 がリリースされていました。不正な UTF-7 エンコーディングを名乗るメールの受信中にエラーで止まってしまう問題が CVS HEAD でなおっていたので 6.0.51 を使っていましたが、晴れてメジャーバージョンアップで対応されたのでさっそくインストールしました。 mew.el の書式も簡単になったり、機能もたくさん追加されているようで(Gmail IMAP 対応など)、また info を読むのが楽しみな日々が帰ってきました。