@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

M-o に手を出した

いわゆる自動振り分け、普通の GUI なメーラーなら勝手にやってくれることですが、 mew でもキー一発でできます。 M-o がそれ。

マニュアルを読んでいて、機能があるのは知っていたものの、ちゃんと設定して使うにはそれなりに手間ひまかけないといけないな、と思って、ちょっと時間がとりづらかったのでためらっていました。

が、やはり毎日何千通とメールが届くなか、手動で不要なメールを捨てていくのに疲れてきたので、重い腰をあげて mew-refile-guess-alist をかきました。会社のメーリングリストのアドレスなどが載ってしまうのでここに載せられないのが残念です。

方針としては、 X-* なヘッダをもつ、親切な自動配信系のメールはしかるべきフォルダ(たいていは +trash) へ。不親切なものも多いので、 Subject でマッチングさせて捨てる。あとは、 From アドレスの @ の左側がローカルのフォルダ名にマッチしたら Mew が勝手に振り分けてくれる・・・のですが、メーリングリストが違うけど同一のプロジェクトに属する、なんてことはよくあるので Mailng-List ヘッダで振り分けるようにしました。

これでずいぶん目にするメールが減って、とても快適です。減りすぎてちょっと不安にもなりますが。