@kyanny's blog

革命は金銭ではない - 孫文

MewというEmacs用のメールリーダーを使ってみた

俺は保守的なので、毎日使うソフトウェアはなるべく変更したくないと思っている。エディタ、メーラー、ウェブブラウザの三つに、インスタントメッセンジャー、もうちょっと広げればオーディオプレイヤーなんかも含めて、一つよさそうなソフトを使い始めたら、自分が使う上でよっぽどの問題がない限りは同じものを使い続けている。

そんな俺が、「これからはおーぷんそーすだ!」と一念発起してBecky!からMozilla Thunderbirdに乗り換えたのは一年前だっただろうか。全然覚えていないが、破綻しかかっていたBecky!でのメール管理と決別して、洗練されたGUIと合理的なフィルターを備えたThunderbirdに乗り換えたことは、決心しただけの価値ある行動だと感じたのを覚えている。

だが、俺とThunderbirdの蜜月の関係は長くは続かなかった・・・。なんかよくわかんないけど起動してメール作成画面を開くとウィンドウが無反応になるようになった。ツンデレのツンだろうか。しかしそれが頻繁に、毎日PCを起動するとそうなるのだ。これは機嫌を損ねるなんてものではない。倦怠期を通り越して冷え切った関係になってしまった。修復しようと俺はいろいろ手を尽くした。user.jsをエディタで開いて文字化けしまくってる多バイト文字を消してみたり。しかし彼女は振り向いてくれなかった。そんなことをしたらプロファイルごと消し飛んだかのように何にも表示されない。俺は全てを諦め、仮面夫婦として世間体だけを満たせればそれでよいと思うようになった。何回か再起動してりゃ戻るからだましだまし使っていけばいいや・・・と。

そんな妄想ストーリーはおいといて、実際調子が悪いのは事実で、バージョンアップしたら直るかと期待してたものの、1.0.6から1.0.7にあげても変化なし。がっかり。で、今日たまたま「新しいメーラーを探そう」という気分になったので、探した。いっぱいありすぎて選べない。ので、どうせ使いこなせないけどMeadowに慣れるためだと割り切ってMewを入れてみた。Netinstallerでインストールは一瞬。設定ファイルをどこに何を書くのかをぐぐって探し、`Unknown service "pop3"'のエラーへも対処でき、見事にMewを起動してメールが読めた!素晴らしい!最近ようやくEmacsのキーバインドに指が慣れてきたようで、左小指がCTRL、入れ替えているのでCapsLockと刻印されてるキーに自然に置けるようになってきた。現状ではまだ添付ファイルの保存とかのやり方がわからないしHTMLメールがHTMLとして読めるのかどうかもわからないけど、ともかくこれはこれでいいなあと思った。