@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

Perl のデバッガを使う (perl -d)

DBIx::ContextualFetch の空ハッシュ $dbh がどうしてもわかりたいので、はじめてまともに Perl のデバッガを使ってみた。

http://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/20080109/1199880506 にまとまっているのでこれをお手本にする。

  • s
    • 一歩進む感じ (同時に一階層深く潜る)
  • n
    • 潜りすぎたときに一階層浮かぶ感じ
  • b
    • b 行数 みたくしとくとそこで止まってくれる
  • p
    • p $var で変数をみる
  • x
    • x @ary とかで Dumper みたいな
  • R
    • 最初からやり直し
  • . (dot)
    • 今みてる行を表示
  • v
    • 今みてる行とその前後を表示、 ==> とかで現在行をマークもしてくれる (連続で v するとマークは消えるが . してから v するとまたマークがみえる)


そしてデバッガを使ってみてもやはり DBIx::ContextualFetch が返す $dbh は空のハッシュのままでデバッグしてみた甲斐ナシであった。