@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

入院中に読んだ本 その一

ギラン・バレーで入院していたときに読んだ本。このときは仕事のことを一切考えないようにした。

幼年期の終り

幼年期の終り

数年前に買って挫折していたものにチャレンジした。前半は謎が深くて面白かったけど、だんだんよくわからなくなっていった。ともあれ名高い大作を読めてよかった。

第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

小川一水は「老ヴォールの惑星」が面白かったので期待して読んだけど、主人公らにリアリティを感じられなくて、白けて二巻以降を読む気にならなかった。

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

アンダーグラウンド・マーケット (朝日文庫)

藤井太洋は「Gene Mapper」と「オービタル・クラウド」はよくて「ビッグデータ・コネクト」はいまいちだったけど、これは面白かった。

リピート (文春文庫)

リピート (文春文庫)

乾くるみは「イニシエーション・ラブ」が良かったのでタイムトラベルものとしてさらに期待してた読んだけど、ちょっと後味悪かった。

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

さすが傑作ミステリと呼ばれるだけあって見事だったけど、「殺戮にいたる病」ほどの衝撃ではなかった。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

こちらも傑作とのことで読んだが、確かに「おおっ」とは思ったものの、やはりそこまでの衝撃ではなかむた。

ポスト平成のキャリア戦略 (NewsPicks Book)

ポスト平成のキャリア戦略 (NewsPicks Book)

前半は乱暴な放言ばかりで閉口したが、年代別のキャリアの積み方の指針は参考になった。

いま君に伝えたいお金の話

いま君に伝えたいお金の話

村上氏が思ったよりだいぶ毒がなくてほっこりした。

40歳が社長になる日 (NewsPicks Book)

40歳が社長になる日 (NewsPicks Book)

まあまあだった。この本の理屈に従えば自分は社長にならないまま人生を終える側の人間なんだろうな、と思うと、そんな大それたことは考えたこともなかったとはいえ、やはり少しくらいはさびしくもあった。