@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

ドットファイルのバージョン管理を再開した

qiita.com

この記事のやり方を採用した。ホームディレクトリを丸ごとバージョン管理下に置くというのは考えたけど、 ~/.gitignore で全ファイル無視するのと組み合わせるのは賢いやり方だと思う。

https://github.com/kyanny/dotfiles/tree/master

数年前で更新がぱたりと止まっていた、ドットファイル用パブリックリポジトリがあったので、別ブランチを切って push してバックアップとし、改めてホームディレクトリをバージョン管理する Git リポジトリのリモート URL にセットして、 git push -u -f origin master で上書きした。あんまり書くつもりもないけど、センシティブなデータを環境変数で定義したりしてうっかり漏洩しないように(そして常にそのことを意識せずに済むように)プライベートリポジトリに変更した。

ちなみにドットファイルを GitHub にプッシュしていなかった間、一切いじっていなかったわけではなくて、 Dropbox を使っていた。変更毎にコミットし忘れて Git でバージョン管理してる意味が薄れていたので、バージョン管理を重視せず、最新の状態がバックアップされてればよしとしていた。今回それを踏襲しなかったのは、なんとなく私用 Dropbox アカウントを仕事用マシンにリンクしたくなかったから。 Apple ID とかはリンクしちゃってるので、ここだけいまさら気にしても・・とは思うけど。あと GitHub に push できるものは push して Activity をカラフルにしたい、という気持ちも芽生えた。

追記: これは全然ダメだった。 ~/.ghq 以下なども全て gitignore が効いてしまうので Git が使い物にならない。 ghq root を $HOME 以外にすれば回避できるけど、どうしたものかなぁ。