@kyanny's blog

流行はつねに前進していく。そして、精神の偽りの自由が絶えずせり上がっていく - ロマン・ロラン

新聞記者

今年の日本アカデミー賞を総なめにした社会派サスペンス映画。日本アカデミー賞の授賞式をテレビで観てから気になっててずっと観たかったが、奥さんには観る前から不評で、なかなかタイミングがなかった。ようやく観ることができた。

期待通り、おれは好きな感じだった。全体的に絵も話も暗く、鈍い緊張感がずっと低い所に張り詰めている感じが WOWOW の社会派サスペンスドラマに似てると思った。音楽も合っていてよかった。

奥さんには観始めてもやはり不評で、隣で何かと文句を言いながら観るので閉口した。

自分が主人公(新聞記者じゃないほう)と同じ立場だったらどうするだろうな、と考えたけど、たぶん耐えきれなくなる前に仕事を辞めてしまう気がする。

新聞記者

新聞記者

  • 発売日: 2019/10/23
  • メディア: Prime Video