Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

次の5年のロールモデルが見つからない

自分にできる範囲の努力では「注目されない凡人」から脱却することはできないのだ、ということをようやく渋々認める気になり数ヶ月経ったが、ではこの先自分はどういう風になっていくのか?を考えたとき、ロールモデルと呼べるような存在が見つからず少し困っている。

「カッティングエッジなことをやっていて際立つ存在」を目指したいと思っていたときは前例に事欠かなかったが、平凡だがすごいと思える存在、というのは想像することすらちょっと難しい。自分のいままでの価値観では、すごいと思える部分があったらすでに平凡ではないからだ。

いまさら「スクラムおじさん」みたいな方向性に行くのも気が進まない。そういうことが好きでやりたいと思っているわけではないのに、技能だけで勝負できなくなったから長年の経験みたいなものを活かせるロールに立場を変える、というのは天下りみたいで格好悪く感じ、少なくとも自分はそうなりたくはない。

当面 Developer としてアプリケーションのブログラムコードを書く仕事でやっていけそうではある、が、「通説上の定年を過ぎてもまだまだ現役でやれてるので大丈夫だ」と、それをもってして何かを達成できた気になってしまうのも、なんだかずいぶん目標が低いような気がする。

負荷をかけずに現状のままでこなせることしかやらないのでは現状維持すらしていけずジリ貧になってしまう。じゃあどの程度の負荷なら適切といえるのか、そこがよくわからないのだ…