@kyanny's blog

創造性は記憶によるところが大きい - 黒澤明

なんか童貞の話で盛り上がってます

えーと全然まとまってないですがメモということで。

http://d.hatena.ne.jp/crowserpent/20060212
http://d.hatena.ne.jp/crowserpent/20060215

ろくに読んでない(すいません)んですが、童貞であることの善悪みたいな話ですかね?どうも「こじらせないなら可」という流れというわけでもなさそうですが。

で、こじらせちゃったなーという自覚のある自分としては、もうこれは、こじらせちゃう人は何をどうしても悶々としてどんどん悪い方にループして落ち込んでいくものだと思うので、いくとこまでいったらどうか?と。

自分は「俺ちょっとセックスとかちょっと無理っぽいなあ」と感じていて、そりゃあ何年も始終コンプレックス感じまくって落ち込んでたら底も見えるよ、という感じでして。だんだんと、自分自身の理論武装の化けの皮がはがれてくるんですね。

自分の場合、一つのブレイクスルーだと感じているのが、「俺は女の人が怖い」というのを自覚できたことです。怖いんですよね、そばにいると。ホラー的な怖さじゃあないんですけど。普通に電車の中で隣の席に座ってるだけでなんか怖いのに、手を繋ぐだとかあまつさせセックスするなんて!信じられない、狂気の沙汰だ、そんな恐ろしいことを考えるくらいならキミキス公式サイトでも眺めてるほうがよっぽどいい、という。

でまあ、こんなこと言ってる俺ですが、ほんの一年も前にはそれはもう悶々としていて、このままではいずれ凶悪な性犯罪でも犯してしまうんじゃないか、そうなる前にパイプカットでもしたほうがいいんじゃないか、と悩んでいたわけです。これホントね。で、なんでこの一年で考えが変わったかといえば、特に何をしたってわけでもないんですね。悶々とした思いが消え去ったわけではなくて。ただ、そんだけ毎日毎日飽きもせずにマイナス思考でいたらそりゃ底の底も見えるわな、ってことで。現時点ではここが最底辺だから、もうこれ以上は下がれません、ので平常心です、という。

つまり、こじらせたまま、まあ犯罪とかに走らない程度の自制心は保って、社会生活はこなしつつ悶々と過ごしていれば、だんだん自分自身の理論武装にぼろがでてきて、ある種悟りの境地が開けてずいぶん気が楽になるから現在進行形で拗らせ続けて悶々としている人は明るい未来になんて期待せずに日々をやり過ごしてみたらどうかなーと、そう思うわけですハイ。

何の解決策にもなってないし、解決のために何をするわけでもないけど、しかし時間がたつとだんだん楽になるよ、という一つの体験談でした。