@kyanny's blog

革命は金銭ではない - 孫文

2006 年で一番面白かった映画は何か

2006 年の映画を振り返る
http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20061211#p1

という企画があったので一票投げてみます。

  1. id:a666666 / 男
  2. 時をかける少女
  3. 空から目覚まし時計が降ってきて真琴の頭にぶつかって夢から覚めるシーン。豆粒みたいな目覚まし時計が「あっ」と言うまもなく迫ってきて巨大に見えて、次の瞬間には視界を覆ってしまう、スピード感と迫力のあるシーンで、はっとさせられました。
  4. 厳密には役者ではないかもしれませんが、紺野真琴役の仲里依紗さんの声の演技は、映画のお話のよさに負けず印象深かったです。特に、真琴が「がっはっはっは」と笑うシーンは、ギャグ漫画の描き文字が目に浮かぶようでした。
  5. 気がつけば今年も残りわずかで、あまり映画館に足を運べなかったなあ・・・と、毎度ながらちょっと後悔しています。年末年始はお正月映画をみにいって、あとは「2006 年一番面白かった映画」の結果が出たら、それの DVD を借ります。どんな結果が出るのか(どんな面白い映画を教えてもらえるのか)楽しみです。あと、時をかける少女の DVD が発売されてくれるといいなあ・・・。