@kyanny's blog

創造性は記憶によるところが大きい - 黒澤明

Subversion のコミットフックとか ~/.subversion/config の auto-propset とかはサーバ/クライアントのバージョンが古すぎると動かないのだろうか

どうもそのへんを設定しても動いてないことが多い。ので手動でやるんだけど面倒くさいし忘れるから漏れがあってファイルのリビジョン番号が分かりづらかったりしてちょっと困る。サーバとかが 1.4 系よりもだいぶ古いのでそのせいじゃないかと思っているけど、うーん、まあ仕方ないっちゃ仕方ないのか。そのへんの情報にあまりお目にかからない。「バージョンあげたら動いた」みたいなブログとか。

こういうつぶやきは twitter なり nowa なりにかくほうがノイズが減って閲覧者にとってはいい、のは自分が更新のとても多いブログを読んでいて感じるからわかるんだけど、でもこうやって書いてること自体が「いつも忘れることをメモる」行為だからいろんな場所に分散すると大変なんだよなぁ。だから結局、書きやすくて読みやすい(検索もしやすい)はてダに落ち着いてしまう。