@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

ついにねんがんの ATOK をてにいれたぞ!

きたぞきたぞ

ATOK 2008 for Windows

ATOK 2008 for Windows

ATOK 2008 for Mac [プレミアム] 通常版

ATOK 2008 for Mac [プレミアム] 通常版

ATOK 2008 for Mac + Windows 通常版

ATOK 2008 for Mac + Windows 通常版

というわけで、何年越しかの夢がかなって ATOK ユーザーになった。 ThinkPad と ATOK には深い思い入れがあるので、「俺もいつかは」と思っていたし、当然割れ物なんかじゃなく正規のライセンスを手に入れたかった。ので手に入れられてよかった。

「who」 で 「うぉ」に変換されなくてちょっと困ったが、メニューバーの ATOK のアイコンをクリックしてカスタマイザ→ MS-IME 風スタイルをクリックしてスタイル選択ボタンを押す、そしてその小さいウィンドウを閉じると「保存しますか」と聞かれるので保存。これで解決する。しかし ATOK 風キーバインド(単語変換の候補文節を左右移動する)とかがかわってしまうので、 ATOK 2008 スタイルを選んでキーバインドだけローマ字なんちゃらで個別に設定したほうがいいのかもしれない。

Terminal.app のなかで起動した Emacs のバッファに文字を書いているとき、未変換の候補が候補ウィンドウごと Emacs のバッファ更新のタイミングで消えてしまう問題は、残念ながら ATOK でも解決できなかった。 auto-save-buffers が使えないので、残念だ。