@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

最近チラ裏ってないなーということでチラ裏。

HTC Desire HD が投げ売り端末になって涙目の俺だが、国内発売中の Android 端末のなかでは最速で 2.3 アップデートがきたのでちょっとだけ勝ち組感を味わっている日々、おれの人生では珍しい・・・でも Instagram が使えないのは寂しいもんです。もうとっくに流行りは終わったんだろうけどさ。

チラ裏こそ継続は力なり、だと思う。三日書かないだけでもううまく書けなくなる。

この前同僚のプログラマに「サポート業務みたいなのも大事なのはわかるけど、もっと開発に注力して新しいものを作っていかないとだめでしょ」と言われた。別の同僚にも、企画コンペに参加してないのか?おれはそういうのは苦手だから・・・というやりとりののちに「だめでしょ、そういうのやっていかなきゃ」と言われた。こういう何気ない一言こそ、自分に足りないものを的確に指摘しているものだ。そう、積極性とかアグレッシブさとかが足りないね。自分で「おれの領分はここまで」って決めてかかっちゃってる。技術的な分野が専門である、そのつもりなのは良くて、でもそこに閉じこもっているだけでもやっぱりダメなのかなと。なのでこの夏に向けて何かを作ることに挑戦しよう。何がいいかな。

なんかもやもやしてるのが、「ウェブオペレーション」読んでないし「クラウド時代のインフラエンジニア」とかもけっこうなんだけど、どうしても超大規模サイト運用のノウハウとかが脚光を浴びる、そこにひっかかりを覚えてしまっていて、だからこそ YAPC::Asia Tokyo 2010 での nekokak さんのプレゼンはそこに言及してきっぱりと「クルーザーしか持ってないのに大艦巨砲主義を崇めても無駄だろ」と言い切ったことがすごかったよなーと思ったりとか、「インフラ」「運用」の実績も積んでいかないと今後まずいのかな、ウェブアプリケーションのプログラムがそこそこ書けますくらいだと通用しなくなっていってプログラマという職業にあぶれてしまって他にとりえも資格も技能もないし肉体面では健常者に比べて不利なおれ人生詰むのかな、とか、もやもやもやっとしている。

原発ひどい状況のようで、正直おれがハラハラしつつニュースを血眼で漁り続けたところで対局もおれ個人の状況もたいして変りようがないので真剣に追ってないんだけど、やっぱ先のことは折にふれて考えている。たとえば日本はもうダメですので放射能汚染の危険を承知で国内に居続けてどんどん健康を害しつつ貧乏に暮らしていくか海外に脱出しておのれの道を切り開くか選べ、とかいう状況になったとして、国外で職につける見込みゼロなので仕方なく国内にロックダウンされてしまうのが最悪手だと仮定すると(そのくらい悪い状況になってしまったという想定ケース)待遇は下の下でもアメリカでプログラマの職につけるのは勝ち組だよなーとか、まぁそこが無理ならインドか中国で並の暮らしをできる程度の水準の仕事にありつくのを目指すのが次点くらいかーとか、まぁあまり役に立たなそうなことを考えている。

最近近所のスーパーが建て直しか何かで一時閉店して、いろいろ投げ売り状態だったときに丸い箱入りのガムをいくつかまとめ買いして、会社にも一個持っていったらたまに口の中を噛んだりしつつもずっと噛み続けてしまい、おかげでここ数日食欲が落ちている(咀嚼っぽい顎の動きをしすぎで口が疲れてたりなんか食った感がある)のと顎が痛い。のに家でもまだ噛んでしまう。これ口寂しくてタバコ吸ってしまう習慣と同じ原理だなーあまり良くない・・・。