@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

LinkedIn で転職希望者を探そうと思っているリクルーターの人に期待すること

LinkedIn のプロフィールをいじっていて、ふと思いついたことがあるので書いてみる。

LinkedIn ははっきりいって使いづらいと思う。特に英語に堪能ではない日本人にとっては、どの欄にどんなことを書けばいいのかすら把握しづらいのが現状だ。そこでリクルーターのひとたちに提案したいのだが、「英語のプロフィールやレジュメを添削してくれる」というサービスを提供してはどうか。現時点でわざわざ LinkedIn に英語でプロフィールを詳しく書こうと思うようなひとは、英語圏で働くことに関心があるはずだ。だから、英語に堪能で、なおかつ海外の転職市場の事情にも通じているリクルーターからアドバイスをもらえたら嬉しいはずだし、そういうケアをしてくれるリクルーターとなら深い関係を築いてもいいと考えるんじゃないだろうか。リクルーターのほうでも、手当たり次第に企業の「スタッフの声」みたいなページを調べて代表番号に電話をかけて嫌がられたりする手間をはぶいて、もっと前向きに転職について考えてくれる潜在顧客(というか商品?)をつかめるのはメリットが大きいと思う。どうだろうか。