@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

WEB+DB PRESS 総集編

届いたので「Topエンジニアが伝えたいこと」をいくつか読んだ。

中島拓 (essa) さんの話が良かった。うまく言語化できないけど自分もぼんやり感じていたことで、しっかり目に見えるように姿形を与えるのは良い仕事だと思った。哲学的なテーマでもある。「未来を正確に予測することはできないが、未来は我々の想像の斜め上を行くものだという肌感覚を持っていれば、より柔軟なものの考え方ができる」こういう視点を持つことはとても大切だと思うし、それを言語化するためにはさらに一段メタな思考が必要で、そこまでいってるのがすごいなあと。

あと増井さんの話も良かった。おれにとって WEB+DB PRESS のような雑誌はまさに「スジがいい人を探す・スジがいいものを見定める」ためにあると思う。雑誌に記事を書くようなひとたちは先進的で意識も能力も高いひとが多いだろうからスジがいいはずで、そういうひとが注目したり注力したりしている技術なりプラットフォームなりはスジがいい可能性が高い。身近にスジのいい知人がいないとか、ウェブをみててもどこらへんにスジのいい情報が集まっているのかわからない場合は、こういうものでまず当たりをつけるのが良いと思う。そこから筆者のブログ・Twitterをみてより鮮度の高い情報に触れたり、注目の技術の動向を追いかけるうちに他のスジがよさそうなひとを見つけたりできるようになる。

あと cho45 さんの話は共感できる部分が多かった。偉人が偶像から隣人に変わっていった感覚とか、安心してはいけないという意識の話とか、自分も経験したことなので興味深く読めた。