@kyanny's blog

理想主義のない現実主義は無意味である。現実主義のない理想主義は無血液である - ロマン・ロラン フランス思想家

インフルエンザ

インフルエンザに罹った。

年末から年明けまでずっとこじらせていた咳が先週末にようやく収まり始め、一安心していたら月曜の夕方からまた急に咳き込み出した。火曜の明け方には咳き込みすぎて胸が痛むほどだった。火曜は欠席しづらい会議があったので出社し、早めに切り上げて病院へ行ったが、夕方には寒気がしてきていた。まだ熱も高くはなく、インフルエンザだとしても検査で陽性が出るにはまだ早いとのことで、とりあえず風邪薬を処方してもらい帰宅。翌朝に高熱が出たらもう一度受診を、と言われた。

夜の間にみるみる熱が上がり、翌朝には最高で39度を超えた。これはだめかなと思いつつ、妻に付き添われて再び受診すると、やはりというかインフルエンザA型だった。水曜日当日を含む5日間の出勤停止。いろいろ会議などもあり困るのだが、熱と寒気と身体の痛み・だるさでとても自宅作業などできる状態ではないし、咳がひどくて音声会議も無理。どうにもならないのでひたすら寝て回復に努める。数日経って熱は下がった。身体の痛みは一部残っている。咳はかえって熱が下がってからまた悪化した。

インフルエンザは2、3年に一度くらいのペースで罹っている。予防接種をすべきだが、免疫系を抑える薬を常用しているとタイミングが難しいのでつい忘れてしまう。それにしても一昨年からずっと体調運に恵まれない。咳はなんだかんだでまる一ヶ月続いているしで参る。