@kyanny's blog

革命は金銭ではない - 孫文

あまりカスタマイズしていない Emacs や Vim で動的型付けのインタプリタ言語ばかり書いてきたせいか、コーディング支援をあまり活用してこなかった。

  • コード補完
    • スニペットによる補完(Emmet や yasnippets など)
    • 自動補完(オムニ補完、インテリセンスなど)
  • 関数定義などのドキュメント参照

Emacs のカスタマイズが下手なので、外部ツールを連携させるコード補完の仕組みをうまく組み込めなかったというのもあった。

しかし今後は JetBrains の IDE を主力として使っていきたい。ならば組み込みで用意されている豊富なコーディング支援機能も使いこなしていきたい。単純なスニペットの類でも打鍵数の大幅な節約に繋がるし、ドキュメント参照も Google 検索の手間を省ける。そうした細かいことの積み重ねで、少しずつでも作業時間を圧縮し、生産性を高める助けとしたい。