@kyanny's blog

私は天才ではありません。ただ、人より長く一つの事と付き合っていただけです - アインシュタイン

Revolut カード届いた

f:id:a666666:20201115203646j:plain

火曜日に申し込んで、木曜日か金曜日には届いた。たぶん木曜日だったような気がする。申し込み直後にきたメールには「お客様のカードは明日発送され、23 November 2020に到着する予定です。」とあったので気長に待とうと思っていたが、水曜に発送で木曜に到着だったのだろう。

横にスライドするケースのギミックはネットで知ってたのであまり感動は無かった。謎の紫ラメな色は、ネットなどで見ていたのと実物の色合いにあまり差がなく、これも驚きは無かった。想像通り、あまり持ち歩きたいと思わない色なのは残念だった。

カードが妙に分厚くて不恰好に感じた。薄いプラスチックを何枚か重ねたような感じで、質感としては作りが粗くて質が悪そうだなぁというのが第一印象だった。タッチ決済の印であるウェーブマークは表面にあって欲しかった(それつきのカードが欲しかったのもあるので)。あと、これは海外のカード特有らしいが、ICチップが小さいのも違和感があった。裏面の磁気ストライプ面積が妙に大きいのも、 VISA の鳩マークがリアル気味なのも以下略。

海外利用に強そう、タッチ決済付き、あとお釣り貯金を使ってみたい、あたりの理由で手に入れたが、同時期に手に入れた Kyash Card のほうが持ち歩きたい質感ではあった。 Kyash 経由でチャージしたほうがポイントの取りこぼしがないとか細々したテクニックもあるようだが、さてどうするか。いざ海外で使いたくなった時に使い慣れてられるように日常的に少しは使いたい気もする。日本では Apple Pay に登録できないのもやや気になる。すぐ解決されそうだし、 Apple Pay でなら他にいくらでも選択肢はあるので別に構わないが。