Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

@kyanny's blog

Write down what I learnt. Opinions are my own.

YAPC::Asia Tokyo 2012

今年も YAPC::Asia Tokyo 2012 に参加してきました。

今年は春夏と仕事が忙しく、また札幌Ruby会議2012の準備もあったので本トーク・ LT ともに応募せず、お客さん状態での参加でしたが、そのぶん気楽に過ごせました。元同僚とたくさん会ったのはもちろん、数年前にオフ会で会った方との再会もあり、その他にも久しぶりにお会いする方ばかりで、今年の YAPC::Asia は自分にとってはまるで同窓会のように感じられました。

今年はペパボから計四名、うちニ名は初めての発表でしたが、いずれも嬉しいことに大盛況で、この調子でもっとたくさんアウトプットする人を増やしていきたいと思いました。また、ペパボの社長ブクログの社長が応援に来ていたのですが、同僚のトークの合間をどう過ごすか迷っていたので竹迫さんのトークを薦めたら楽しんでもらえたようで良かったです。

所要で二日目は午後からの参加だったりして聞けていないトークが多いので、あとで動画をチェックしたいと思います。聞いたトークの中では、 motemen さんの Wight がかっこ良かったです。あと tagomoris さんの話は毎度ながら「なぜその方法を選んだのか」が明確でわかりやすかったです。

それから、多くの方が言及していましたが LT ソンはとても良かったですね。会場に入りきれずに外で時間を潰しているときも、 LT ソンが盛り上がっていたおかげで手持ち無沙汰にならず、いい雰囲気で過ごしたり知人と談笑したりできました。あまりに楽しそうだったので一日目の夜に思わずネタを一個用意してしまうほどでした。結局披露し損ねたので、いつか機会があれば発表したいと思います。

会期中や懇親会や後夜祭などで、初めましての方、ご無沙汰の方、おなじみの方など、いろいろな方とお話させていただきました。 Sqale に興味を持ってくださる方もいて嬉しかったです。 hitode さんに「刺身です」と自己紹介したら「うわコイツかよ」という顔をされたのが印象的でした。後夜祭では mala さん弾さんのアツい話を聞けたりして良かったです。

やっぱり Perl も良いなー、また YAPC で発表したいなー、と思いました。気持ちを新たにまたがんばります。