@kyanny's blog

自分の不名誉になるような考えを最初に大胆に表明することは、自立への第一歩となる - ニーチェ ドイツ哲学者

今月のアフタヌーン

やっと買った。

  • おおきく振りかぶって
    • もはや惰性で読んでる感じ。正直飽きてきた。それが証拠に本屋で最新刊をみつけても買わなかった。
  • げんしけん
    • 木尾士目らしい手の抜き方というかなんというか、まあ笹原卒業で終わるわなそりゃ。しかし今回がまるで最終回のようなノリで、どう続けるというのか。あと単行本の宣伝でたぶん第一話とかの絵が載ってたんだけど、笹原全然顔違うな。あんなんだっけ。本棚に確かあったはずだが本棚まで行って確かめるのも面倒だ。まあ荻上の話を書くのに少し時間をくって現実世界の季節とちょっとずれたというところか。これこそ惰性で読んでたわけだが、しかし、これが終わるとなると本気で今後アフタヌーン買うかどうかを考えないといけない。その程度には訴求力のある漫画であり続けてくれた。願わくば次も木尾がアフタヌーンで描いてくれますように。あと斑目は咲にコスプレ写真のことがばれて大丈夫だったんだろうか。
  • 爆音列島
    • これもだんだん惰性になってきた。
  • すずめすずなり
    • 終了か。特にどうということもない。
  • しおんの王
    • これもまあ特にこれといった点もない展開。
  • ヴィンランド・サガ
    • プラネテスのときと比べて絵の線が濃くなった気がする。具体的に言うとむっちり濃厚系の絵のエロ漫画っぽい線になった。もっというと○○○○っぽくなった、とここでエロ漫画家名が出てくれば話は早いのだがあいにくそこまで精通してはいない。

今俺が読みたいと思って読む漫画ってこの程度か。帰宅してから読もうと思ってたけどなんかあんまり読む気が起こらない。どうせ読んでもあと二つ三つだろうし。いよいよ再びアフタヌーン冬の時代(俺にとって)か。最近付録つきで値段も高くなったし、ちょっと考える必要がある。考えずとも来月から買わないだけかもしれない。

作成日: 2006年5月5日(金) 00時32分