@kyanny's blog

政治において決定的な手段とは暴力である - マックス・ウェーバー

ワールドカップが始まったけど・・・

さっき二階の自室(テレビ映らない)から一階の居間へ、お茶漬け食べに降りてったんですが、深夜の二時を回っているってのに家族総出でワールドカップ観戦してていろいろびっくりしました。

まず、金曜の夜とはいえ、そんな夜更かしして頑張って見るようなものか?というびっくりがひとつ。たかがサッカーの試合でしょ?つーかサッカーの試合って映画と同じで、拘束時間が長いくせにちょっと目を離すといいところを見逃してしまうので、時間のすごし方としては最悪の部類に入ると思うんですが。

そして、ワールドカップの開幕戦を家族みんながテレビでみてるのに、三分でお茶漬け食べて自室(テレビ映らない)に戻る俺。これから一ヶ月間、世間はこの話題で持ちきりになるだろうから、話についていくためにもチェックしておくべきなのに、これっぽっちも興味関心をもてない自分にびっくり。お湯わかしてる間にちらっと眺めて、ドイツとコスタリカの試合で後半が開始したってことを知って、あとはポッポロスキーとかそんな名前の選手が名前を呼ばれてたなー、というのが俺のワールドカップ開幕戦の感想。どっちが勝ってるかすらわかんなかったという。

これでも一時はサッカーを好きになろうと努力したこともあって、深夜に帰宅してお茶漬け食べる間に CATV で海外サッカーの試合とかみたりしたんですが、やっぱりサッカーの試合というものについぞ馴染めなくてダメでした。スポーツニュースのハイライトはわかりやすくていいんだけど。もっというなら J-SPORTS の CM の華麗なムービーが一番いいサッカーの映像だったかな。何せ短いから。数十秒だけ見てればいいってのがいい。

ちなみに、俺はサッカーに限らずスポーツ観戦が基本的に全然好きじゃないのですが(野球も陸上も水泳もその他球技も)例外的に「これは面白い!」と思ったのがアメフトでした。アメリカンフットボールってやつです。 NFL の試合も CATV で流れるんですが、あれは飽きっぽい俺でも不思議と面白く見続けられるし、見てることにストレスを感じないんですね。

何故だろうと思ったら、単純な理屈を発見しました。アメフトって、ワンプレイが短いんですよね。プレイが開始してボールを後ろにトスしたら、前に投げるかもって走るかの二択しかないし、どっちを選んでもすぐにプレイの結果が出るから、画面を注視してないといけないのって実質数十秒だけなんです。 CM みるのと変わらない。つまり、集中力が散漫で飽きっぽい俺のようなひとでも、飽きずにワンプレイを見納められるから、試合展開にちゃんとついていけて「面白い!」と感じるというわけ。まあ、集中力散漫で飽きっぽいアメリカ人が楽しく観戦できるための工夫が詰まってるってことでしょうなー。

というわけで(どんなわけだよ)、最近アメフトも全然みてないので、土日の間にせんべいかじりつつ漫画読みつつゲームしつつアメフト流しっぱなし、みたいな感じで観戦にチャレンジしたいなと思いました。いやこれ観戦じゃないな、これじゃ BGV か。