@kyanny's blog

すべての商品はファッション商品となる。すべての産業はファッション産業となる - 浜野安宏

今週のモーニング

  • はるか17
    • 今週と先週は突然面白い。売れっ子脚本家・日野の自分語り。山崎さやか氏が沖さやか名義で書いていた「マイナス」って女教師がどうこう、という話だったような記憶がおぼろげにあるけど、なんかすごいコンプレックスまみれの話だったような気がして(いじめのトラウマとか系)このひとはコンプレックスを描くのが上手なのかな、と思った。日野がかつての自分を投影した作中のヒロインは愛する人を奪った恋敵を見返すために彼女と同じ世界でのし上がることを心に決める、が、「ハッピーエンドですか?」とたずねるはるかに「僕がこうなりたいと願った作品を作ったら、それを見たあの二人は大笑いするでしょうね」と答える日野。彼の結末では、かつての恋人は二度と戻らない。こうなればいいのに、という願望がただ成就はさせず、でも思ったとおりになんかならないんだ、というやるせなさ、どろどろした劣等感を創作したキャラクターにも備えさせるというのは、読んでいて身震いがするような迫力を覚えた。先週号は捨てられずに部屋にある。今週号もたぶん捨てない。このエピソードのくだりだけ単行本で持っていてもいいかもしれない。

ついに先月末はアフタヌーンを買えなかった。買わなかったでもそう間違ってはいない。やはりげんしけんのかわりにくじびきアンバランスではアンバランスすぎるよ。