@kyanny's blog

My life. Opinions are my own.

はじめてトラックボールを使ってみた

ついにエルゴノミクスなハードウェアに手を出してしまった。

前の会社の上司がかの有名な KINESIS のキーボードを使っていたりして、なんとなくエルゴノミックキーボードに興味というか関心というか、一種の憧れを抱いてるんだけど、 KINESIS はとても高いしおれは HHKB Professional 2 を持ってるしでご縁がないままだった。

で、何ヶ月か前に、 Apple 純正のマウスじゃ右手の手首が痛くなってしまったのでちょっと奮発して Microsoft の Explorer Mouse を買ってしばらく使っていて、たまにサイドボタンに割り当てた機能がおかしくなること以外はおおむね気に入っていたんだけど、最近仕事でふだんより長時間キーボードとマウスを扱っていたらやっぱり右手首に違和感があるなーと感じてしまって、ついつい魔が差してトラックボールを買ってしまった。

そんなわけで、日曜日にヨドバシカメラへふらっと立ち寄って、 Logicool の TrackMan Wheel (TM-250) を手に入れた。

LOGICOOL トラックマン トラックボール スクロールホイール搭載 TM-250

LOGICOOL トラックマン トラックボール スクロールホイール搭載 TM-250

トラックボールといえば Kensington なのかもしれないけど、ちょっと高いしトラックボール初心者にいきなりあの形はハードル高いよなと思ったのでマウスっぽい形のやつにした。親指でボールを操作するほうが指も手も全体的に疲れないような気もしたので。

今日さっそく会社へ持っていって使ってみたら、30分もしないうちに親指スクロールには慣れて、半日たったら握ってるだけで幸せな気持ちになってきた。なんかもう手を置いてるだけで満足。家に持って帰って意味もなくちゃぶ台の上に置いて手を添えていたい。まぁ広いデスクよりも狭いちゃぶ台の上でこそトラックボールの真価が発揮されるという説もある。もちろんマウスよりも楽。手首を全く動かさなくていいので、細かいカーソル操作も負担にならないし大きくカーソルを動かしたいときもマウスを持ち上げたりしなくていい。いまはまだちょっとした違いにしか感じられないけど、長年積もり積もることを考えると今からなるべく負担の少ないものを使ったほうがいいよね、と思う。

正直、何年か前はハードウェアに対するこだわりなんてほとんどなくて、「トラックボールなんて使ってるやつの気が知れない」とまで思っていたけど(高いし変な形だしちょっと触らせてもらってもまともにカーソル動かせないし)、なんでも体験してみるもんですな。

ヨドバシ吉祥寺で 4980 円だった。でもアマゾンだと 1500 円以上安いという。何故かポイントが 9000 ポイント以上たまっていて、実質タダで持ち帰れた。ポイント残高知ってたら Kensington 買えばよかったかもな、とかちょっと思ったけどまぁいいや。それにしてもなんでそんなにポイントたまってるのかさっぱりわからない。ここ数ヶ月、ヨドバシでポイントたくさんたまるような買い物した記憶ないんだけどな。

エルゴノミクスってばかにできないなーと今更ながらにおもったので、俄然 KINESIS が欲しくなってきた。まぁ高いし 35 歳までには買いたいなくらいののんびり計画で。 35 歳になってもまだプログラマとして食べていけてたらお祝いに買おうかな。ちなみにもっとお安いエルゴノミックキーボードで入門してみるのもアリかなと思って Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000 を試し打ちしてみたけど、正直無理だと思った。どんなに手が楽でも、 HHKB を使ってる身としてあのキーは打てないわ。せめて US 配列モデルならもう少し真面目に検討したくもなるのだけど。