@kyanny's blog

流行はつねに前進していく。そして、精神の偽りの自由が絶えずせり上がっていく - ロマン・ロラン

Rails勉強会@東京第51回に参加した

Rails' Wiki - Rails勉強会@東京第51回に参加してきました。初参加でした。ちなみに Ruby 関連の勉強会に参加するのもこれが初めて。

セッション形式の勉強会というのは初めてで、始まる前はけっこう緊張していたけど、いざ始まってみると案外うまく馴染めた気がします。僕は初心者セッションと事例紹介のセッションに参加して、それから Rails 3 の話を聞きました。

初心者セッションは本当に Rails 初めてという人向けの内容だったので、だいたい知ってる内容でした。レシピ本を一冊持っているといいよ、というのは参考になった。今度時間があるときに本屋でちょっと中身を見てみようかな。

事例紹介のセッションでは、オススメ gem の話があって FactoryGirl を軽く紹介しました。あとは 30days Album のシステム構成的な話を少しさせてもらいました。これは 30days Album を支える技術 #0 〜 サーバ構成概要 | 30days Album Information関西オープンソース 2008 30days Albumの裏側Yapc Asia 2009 ペパボでのPerlの使い方 などですでに紹介されている内容を簡略化して説明しなおしたくらいです。

プレゼンとか LT とかいう枠ではなかったけど、人前で(内輪を除く)喋るのは初めてだったかもしれない。 FactoryGirl といえばドリコムの onk さんが http://eblog.drecom.jp/entry/14 という記事を書いていて、これがとても良くまとまっているのでオススメです。

その後、懇親会にも参加して、 Rails とはまた違った内容ですがいかにもプログラマの集まりらしい、濃い話ができました。キーボードとかキー配列とか、個人的に興味のある話ができてとても楽しかったです。やっぱりプログラマがしたい「技術的な話」っていったら、ヘンにビジネスっぽい内容とかマネジメントっぽい内容とかじゃなくて、こういう話だよなーと思いました。